赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

「ひよっこ」見たいなぁ  

ただいま、遅い夏休み中。
この夏もよく働いたから、この休みは本当に楽しみだったし、もちろん楽しんでるんだけど、唯一残念なのが「ひよっこ」を見られないこと。
いまできることは、本を読んでうるうるにやにやすることだけです。



category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 0

夏に読むぶたぶた  

長いこと読書記録をつけていたけれど、1年くらい前にやめました。
なんか、だんだん義務になってきて、おもしろくなくなってきたから。
あと、ほとんど読まなくなったのも大きいかも。
ここ数年の読書量は、以前のわたしからは考えられないほど少ないです。

そんな中でも読み続けているのが、ぶたぶたさん。
最近、『居酒屋ぶたぶた』と『海の家のぶたぶた』を立て続けに読みました。
疲れた体と心にめっちゃしみる。
そして、ぶたぶたさんのお店で飲みたいなぁ、おいしいアテ食べたいなぁって、お腹が鳴る。

category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 0

米朝一門会~お盆興行 涼を呼ぶ噺~  

先日の米朝一門会で、会場に入るのに並んでいたとき。
客:(列を指して)ここに並んだらよろしいか?
係員:はいー、そのままなんとなぁく、ずるずると進んでくださいー

さすが落語会やわ~と、にやにやが止まりませんでした。
ちなみにこの係員さんはハッピを着ていたし常連さんにも挨拶をしていたから、ホールの従業員ではなく米朝事務所の人だと思われます。

今回のお気に入りは米紫さん。
妙に艶がある。
米團治は相変わらず華があるなぁ。
こんなにしっとりしたたちぎれ線香は初めてだったのが文之助さん。

今回も楽しみました。

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

「髑髏城の七人 season鳥」  

劇団☆新感線の舞台、髑髏城の七人season鳥に行って来ました。
10日前に。
もうね、日が経つのが早すぎる。







今回の鳥は歌あり、ダンスありで、ショーの要素も笑いの要素もたっぷり。
内容の大筋は変わらないけど、人物の関係性もキャラもまた前回の花とは違って、めっちゃ楽しめました。
捨之介、蘭兵衛、天魔王の関係がより深く描かれていて、そういうことだったのかと納得。
そして客席が回ること以上に、今回の映像でますますアトラクション感が増した気がする。
水平方向の移動だけでなく、鉛直方向の移動が多かったから。

サダヲちゃんはやっぱりおもろいシーンで弾けてるのが好き。
成志さんとのシーンなんて、期待以上におもしろかったし。
森山未來の殺陣は舞のようだったし、早乙女太一の最後の殺陣なんて2倍速かっていうくらい速かった。
あと、あんな大きな舞台で転球さんを観られたのが何よりうれしい。
転球劇場、大好きでした。
解散してもう10年くらいか?

今回は東京に2泊して友だちにも会えたし、ほんま、いい休みになりました。

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

新幹線で読書中  



「MORI Magazine」が面白すぎる。
にやにやしてしまう言い回しの多いこと。
巻頭挨拶からして、もう。

ビールを飲んでほろ酔いになりながら、いい気分で東京に向かっています。
友だちに会うのと新感線を観るのが目的で。
いや、一番の目的は、仕事からも家事からも離れてのんびりすることかな。
はぁ、だらだらしよ。

category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 0