赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

西原理恵子「ダーリンは73歳」  

20190217154300.jpg

表紙の二人がほんとに幸せそうで、見てるだけでニヤニヤしてしまう。

今回沁みたのは、「一緒に歳を取りたい」という西原さんの言葉。
うちもけっこう歳の差があるけど、夫が異様に元気なせいか、そう思ったことはまだない。
でも、そうかぁ、10年後はうちも西原さんたちと同じく50代と70代になるわけで、そのときにまたこのページを見たら、めっちゃ共感するのかもしれない。

category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 0

キャスリーン・フリン「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室」  

20190217154300_20190217154304.jpg

久々に夜更かしして一気に読んだ本。
いままでタイトルから敬遠してたけど、訳者の村井理子さんが最近好きなので図書館で借りて読んでみた。
これは買ってもよかったなー

アメリカと日本との違いはあるけど、根底は一緒だなぁ。
中身のわかっているものを自分で作って、おいしく食べられたら幸せよね。
最近買い物をするときに表示チェックを怠っていたけど、やっぱりちゃんとチェックしないと。

鶏丸ごと1羽買うとか、スープストックを作るとか、自分の食生活に合わないこともあるけど、自分で作っておいしく食べるという姿勢には大いに共感した。
これ日本やったら、出汁をとるとか、お味噌汁作るとか、野菜の炊いたん作るとかになるのかな。

わたしは去年の秋から週に2回作り置きをして、朝にしっかり食べるようにしている。
ほとんどおばんざいっていうかんじのメニューやけど、毎朝幸せを感じている。

category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 0

小林紀晴「9月11日からの僕のこと」  

20190213180823.jpg

紀晴さんがニューヨークに住んでいたとき、9.11のテロが起こった。
あのとき、あの街に住んでいた者として文章を書くのは難しかったらしい。
先日読んだ「父の感触」(2007年発行)でやっと書けたとか。

今回読んだ「9月11日からの僕のこと」は2003年発行の小説。
このときは小説という形でしか表せなかった、ということなのかな。
でも、小説だからこそ、戸惑いとかやり切れなさが直接伝わってきたように思う。

自分に起きた衝撃的なことは何らかの形で外に出しておかないと、あとあと心がしんどくなる。
わたしはこういうことが下手なので、けっこう引きずる。
だって、どうやって出したらいいの?

先日、夫がお世話になっていた人が亡くなった。
夫は連絡を受けてすぐお宅に伺って、お葬式にも行った。
その1週間後くらいにその方の奥さんから夫に電話があっていろいろ話した後、わたしに代わることになった。
もう何年もお会いしていなかったし、正直何を話していいかもわからなかったけど、奥さんが当日のこととかその前後のことを話されたので、相づちを打ちながら話を聞いていた。

は! これか!
こうやって外に出すのか!
ってあとで気付いた。

category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 0

朝ドラレビューを毎朝読む  

いつからか、朝ドラを見て朝ドラレビューを読むことがセットになっている。
わたしが毎朝読んでいるのは、木俣冬さんがエキレビで連載しているレビュー
木俣さんは演劇に造詣が深く、レビューを読んでいるとなるほどと思ったり、そう繋げるのか!と思ったりすることも多い。

感想についてそうそう!って共感するときもあるし、そうかなぁ、、、って思うときもある。
でも、わたしはそうは思わへんけどなぁと思うときでも、そのレビューはおもしろい。
そういう見方もあるのか!という気付きがあるのがいいんだと思う。
そう思わせてくれる姿勢というか。

あと、先日のツイートで思わぬ共通点を見つけて、勝手に親近感を抱いている。
わたしもよく、単位が足りひんー卒業できひんーってあせる夢を見る。
卒業してから、もう20年以上経つのにね。

木俣さんの書く文章が好きなので、もちろんこの本も持っている。

20190213020933.jpg

「みんなの朝ドラ」
朝ドラ愛があふれている。
冷静な表面の下に。

そうそう、今期の「まんぷく」レビューは最初常体で書かれていたのに、年が明けてからは敬体に変わった。
編集から何か要請でもあったのかな。
ちょっと違和感がある。

category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 0

ORIGINAL LOVE -アクロバットたちよ (Music Video Short Ver.)  



やっと見れた&聴けたー
なんちゅうかっこいい映像と音楽。
田島さん自身が8mmカメラで撮って編集して製作したそうな。
いまフィルムカメラにも凝ってはるけど、この人はなんでもはまったらずいぶん深く深くはまっていくんだなぁ。

あー、早くアルバム聴きたいし、早くライブに行きたい。

category: こんな音楽を聴いている

tb: 0   cm: 0