赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

米朝一門会~お盆興行 涼を呼ぶ噺~  

先日の米朝一門会で、会場に入るのに並んでいたとき。
客:(列を指して)ここに並んだらよろしいか?
係員:はいー、そのままなんとなぁく、ずるずると進んでくださいー

さすが落語会やわ~と、にやにやが止まりませんでした。
ちなみにこの係員さんはハッピを着ていたし常連さんにも挨拶をしていたから、ホールの従業員ではなく米朝事務所の人だと思われます。

今回のお気に入りは米紫さん。
妙に艶がある。
米團治は相変わらず華があるなぁ。
こんなにしっとりしたたちぎれ線香は初めてだったのが文之助さん。

今回も楽しみました。

スポンサーサイト

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

「髑髏城の七人 season鳥」  

劇団☆新感線の舞台、髑髏城の七人season鳥に行って来ました。
10日前に。
もうね、日が経つのが早すぎる。







今回の鳥は歌あり、ダンスありで、ショーの要素も笑いの要素もたっぷり。
内容の大筋は変わらないけど、人物の関係性もキャラもまた前回の花とは違って、めっちゃ楽しめました。
捨之介、蘭兵衛、天魔王の関係がより深く描かれていて、そういうことだったのかと納得。
そして客席が回ること以上に、今回の映像でますますアトラクション感が増した気がする。
水平方向の移動だけでなく、鉛直方向の移動が多かったから。

サダヲちゃんはやっぱりおもろいシーンで弾けてるのが好き。
成志さんとのシーンなんて、期待以上におもしろかったし。
森山未來の殺陣は舞のようだったし、早乙女太一の最後の殺陣なんて2倍速かっていうくらい速かった。
あと、あんな大きな舞台で転球さんを観られたのが何よりうれしい。
転球劇場、大好きでした。
解散してもう10年くらいか?

今回は東京に2泊して友だちにも会えたし、ほんま、いい休みになりました。

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

「髑髏城の七人 season花」  


18765590_1907938402816620_6101516174366004674_n.jpg 18882002_1907938436149950_1685492699443523634_n.jpg

18835547_1907938429483284_998064541457578631_n.jpg 18765617_1907938466149947_305590946300271983_n.jpg

劇団☆新感線「髑髏城の七人 season花」を観に、東京のステージアラウンドに行ってきました。
さすがに1990年の初演は観てないけど、1997年の再演、2004年のアカドクロ、アオドクロと観て、2011年のワカドクロは観てないから13年ぶりの髑髏城でした。
信長亡きあと、もと家臣やら家康やらの思惑が乱れに乱れてっていう時代設定。

今回は豊洲にできた新しい劇場のこけら落としで、この髑髏城を花鳥風月4シーズン上演するという試みの第1弾だったのです。
この劇場は客席が真ん中にあってそのまわりに舞台があって、なんと客席がまわるのですよ。
映像もそれにつれて動いて、役者さんはたぶん360度走り回ってるし、初めての演劇体験でした。
舞台に川流れてるしね。
話もけっこう忘れてたから、新鮮な驚きでいっぱいだったし。

7月の鳥のチケットは入手済み、10月の風は先行抽選の結果待ち。
風のチケット取れてますように。
そして月もぜったい観に行ってやる。
4シーズンそれぞれ趣向がちがうみたいやから、楽しみです。

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

カジャラ後のすだち天  


やっと見つけた!
瀬戸内すだち味のり天。

今年初観劇、小林賢太郎さんのコントユニット、カジャラを観て来ました。
はぁ、ようけ笑た。
そして、久ヶ沢さんの筋肉の美しいこと。

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

「大人たるもの」と、米朝一門会  

 tumblr_oby75c2odE1ui0ui8o2_1280.jpg

休日2連チャンでブリーゼ。
10日はKAJALLA「大人たるもの」、15日は米朝一門会。
賢太郎さんのコントと、上方落語。
ブリーゼの振り幅よ。
ジャンルは違えど、どちらも楽しかった!

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。