赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

台南でうろうろしたところ(3日目)  

3/30〜4/2に訪れた台南旅行の記録をのんびり更新中。

今回は3日目にうろうろしたところについて。

朝からコインランドリーに行って、お粥を食べて、そのあと99番のバスに乗ってやってきたのは。

20190608232805.jpg

今回の旅でぜったい行きたかった安平樹屋!
これはガジュマルに飲み込まれた建物で、もとは徳記洋行というイギリスの商社で倉庫として使われていたそうです。

20190608232805_20190608232813.jpg

20190608232805_20190608232822.jpg

20190608232805_20190608232825.jpg

20190608232805_20190608232828.jpg

外壁もぼろぼろだから、よけいガジュマルに侵食された感じが漂っているなぁ。

そしてここで一番気に入った場所が、展望台みたいになっているところ。
この日は雲が多かったから暑くもないし、海からの風も気持ちいいし、周りに車もバイクも見えないから本当にのんびりとした気分を味わえました。
(そのわりには、写真撮ってないけど。)
街中は車もバイクも人も多いから、気づかないうちに少し疲れていたみたい。

安平樹屋を堪能した後は豆花を食べて、市バスの2番で街に帰ってきました。
そういえば、行きしは赤崁楼前のバス停から台湾好行バスの88番に乗ろうとしていたんだけれど、やってきた88番の運転手さんは「このバスは安平に行かないから、次の99番を待ちなさい」と(いうようなことを)言う。
事前に調べていた情報では88番でも99番でも行けるはずなんだけれど、88番は街中を巡回するルートになっていました。
路線が変わったのかな?
まあ、無事たどり着けたからいいんだけれど。

category: 旅に出る

tb: 0   cm: 0

台南でうろうろしたところ(2日目)  

3/30〜4/2に訪れた台南旅行の記録をのんびり更新中。

今回は2日目にうろうろしたところについて。
(1日目は移動して、宿に着いて、マッサージに行って、飲みに行っただけなので省略します。)

20190523131846.jpg

宿の前の細ーい道を通って向かったところは、藍晒圖文創園區

20190523131846_20190523131850.jpg

20190523131846_20190523131853.jpg

このインスタレーションの作品をどうしても見たかった。
青い、というより、藍色の建物。
アートな感じのお店がこのエリアに並んでいる。

ここは夜にも通りがかったのでもう1回行ってみた。

20190523131846_20190523131914.jpg

20190523131846_20190523131916.jpg

20190523131846_20190523131919.jpg

20190523131846_20190523131921.jpg

ライトアップもされていて、昼とはまた違う趣きだった。


次に向かったのは林百貨
戦前に日本人の林さんが建てた百貨店を2013年に復活させた百貨店で、コンパクトながら、かわいいものやいいものがたくさん置いてある。
店内もいちいちかわいい。

20190523131846_20190523131859.jpg

ここで、一目惚れしたピアスを買った。

20190523135430.jpg

ハンドメイド作家さんが作ったもの。
こんなにときめきながら買い物をしたのも久々だったなぁ。
気に入って、よく着けている。


最後に向かったのは赤崁楼。
1600年代にオランダ人が建てた城らしい。

20190523131846_20190523131902.jpg

20190523131846_20190523131904.jpg

20190523131846_20190523131907.jpg

宿から近いからという理由だけで行ったけど、案外ゆっくりできてよかった。


この赤崁楼の近くで気になったお店。

20190523131846_20190523131909.jpg

「深夜食堂」って、あの深夜食堂?
看板の字がどう見ても漫画の表紙と同じなんだけど。

20190523140352.jpg

すっごい気になったけど、たしかこの日の夜は休みだったのかな、けっきょく行かずじまいだった。

category: 旅に出る

tb: 0   cm: 0

台南で食べたもの(3日目と4日目)  

台南から帰ってきてもう1ヶ月以上経ってしまったけど、おいしかった&楽しかった記録を残しておきたいので、前回の続き。

大満足の2日目が終わって、3日目の朝は、もうお腹が減っていた。
前日と同じ宇哥珈啡でコーヒーを買って、ぷらぷら歩いてまずはコインランドリーへ。
洗濯機を回している間に、阿堂咸粥で虱目魚粥(サバヒー粥)。
なんだけど、写真を撮り忘れた…

わたしは総合なんとかというのにしたから、サバヒーの他に牡蠣とか入っていた。
夫のは焼いたサバヒーをほぐしたのが入っていた。
どっちもおいしかったなぁ。
他のおかゆも、他のおかずも食べてみたいから、また次回行こう。

コインランドリーに戻って今度は乾燥機にかけて、洗濯終了〜
いったん宿に戻ってゆっくりしたあと、安平に向かった。
ら、乗るつもりのバスでは行けないことがわかって、次のバスが来るまでHanlin Tea Houseでお茶休憩していた。
ここも写真撮るの忘れてたけど、ドリンクがめっちゃおいしい〜

無事バスに乗って安平まで行って、安平樹屋を満喫して(ここについてはまたあとで書くつもり)、念願の豆花を食べに安平豆花へ。

20190414111443_20190414111506.jpg

わたしは左のぷちぷちしたのが載ってるやつ、夫は右の紅豆(小豆)が載ってるのを食べた。
やさしい味でおいしかったー
これもまた食べたい。

またバスに乗って戻った後はマッサージに行って、そこから宿に戻る途中でまた食べた。

20190414111443_20190414111508.jpg
ぼけぼけやけど、矮仔成蝦仁飯で蝦仁飯(エビ飯)。

20190414111443_20190414111511.jpg
さらに赤嵌棺材板で棺材板。
これはトーストをくりぬいた中にクリームシチューが入ってるの。
このクリームシチューがまたちょっと中華風スパイシーで、食べたことない味。
おいしかったなぁ。
夫はカレーシチューを食べてた。
ちょっと食べさしてもらったら、昭和のカレーの味がした。
もちろん中華風スパイシーな味も。

さて、台南最後の夜、何を食べようか。
台南駅の裏には成功大学があるから、学生相手のお店が多そう。
ちょっと行ってみようということで行ってみた。

うん、学生相手だから飲み屋はあんまりないね。
お昼に来たらよかったね。

Googleマップで「居酒屋」って検索しても、日式(日本風)のお店しか出てこない。
うーん、、、
人間、切羽詰まると(大げさだけど)脳ががんばって記憶の奥の方まで探してくれるもので、「熱炒」という単語を思い出した!
台湾式の居酒屋という意味。
それで探したお店が、家豪鮮魚湯啤酒屋!

20190414111443_20190414111514.jpg

20190414111443_20190414111516.jpg

20190414111443_20190414111519.jpg

20190414111443_20190414111521.jpg

どれもおいしかったよー
ここもまた行く。

4日目、台南最後の朝は蚵仔煎(牡蠣オムレツ)を食べに石精臼蚵仔煎に行くも休みだったので、向かいの阿松割包で割包(中華風バーガー)を食べた。
これも写真撮ってないけど、おいしかったわぁ。

またまた宇哥珈啡でコーヒーを買って、宿に戻ってパッキングをがんばる。
まだまだ食べ足りないけど、今回の旅はこれにて終了。
次にまた行きたいお店もあるし、チェックしてたけど行けなかったお店もいっぱいあるし、また台南に行こう。

category: 旅に出る

tb: 0   cm: 0

台南で食べたもの(1日目と2日目)  

今回の旅行では台南に行ってきた。
一番の目的は食!

ということで食べたものを一気に載せてしまおう。

今回は関空からpeachで高雄まで、空港からMRTで高雄駅へ、高雄駅から自強号で台南駅へ、というルートで行った。
高雄に着いてからもうお腹が減ってお腹が減って、高雄駅で時間があったからお弁当を買ってすぐに食べちゃった。
お弁当の写真を撮る余裕もなかったよ。

夜は海安路をぷらぷら歩いて、生ビールが飲めるT-chu! BBQ&Beerに決定。
20190414111443.jpg
海安路は広い歩道にそれぞれのお店のテーブルと椅子が出ていて、開放感があった。
串焼きをあれこれ頼んで、ビールを飲んで、暑くもなく寒くもなくいい気持ち。

キリンビールの売り子の女の子に、ジョッキに書かれている「一番搾り」の読み方を教えてほしいと言われて「いちばんしぼり」って教えたんだけど、わたしのことばをコピーして言ってくれるその発音が思いがけず関西弁のイントネーションだった。
えー、普通に言うてるつもりやのに。
ごめん、わたしにはその発音でしか教えられへんわ。

2日目の朝は永楽牛肉湯で牛肉湯(スープ)。
20190414111443_20190414111448.jpg
台南本を読んでると必ず出てくる牛肉湯は朝の定番らしく、あちこちに牛肉湯のお店があった。
今後もいろんなところで食べ比べしたいなぁ。

このすぐそばに宇哥珈啡というコーヒー屋さんがあって、ここのコーヒーがおいしかった!
おじさんが1杯1杯丁寧に淹れてくれる。
3日間毎朝買いに行った。

コーヒーを飲みながらぷらぷら歩いて、宮後西門路愛玉氷で愛玉氷。
20190414111443_20190414111450.jpg
ぷるんぷるんのゼリーにシロップがかかったかき氷を、道端でお皿を抱えて食べた。
売っているのは一見無愛想なおじさんだったけど、わたしたちが食べ終わってお皿を返しに行ったら、ここでこうやって手を洗うんだよと教えてくれた。
あー、また食べたい。

いったん宿に戻って一息ついてから、また外に出て藍晒圖文創園區(Blueprint Cultural and Creative Park)に行った。
ここについてはまた別記事で書くつもり。
そのあと、暑いから氷食べたいねーということで向かったのが莉莉水果店。
20190414111443_20190414111453.jpg

20190414111443_20190414111455.jpg
わたしは豆のかき氷、夫はフルーツのかき氷を頼んだ。
下のはほとんど何も載ってないように見えるから、間違って頼んでしまったかなぁと思っていたら、氷の下にいろんなフルーツがぎっしりと詰まっていた。

すっごい混んでて、空いた席にさっと座ってさてどうしようと思っていたら、向かいの席の女の子が「注文を書いて渡すんだよ」というようなことを教えてくれたので、注文票を取りに行って、ずらーっと書いてあるメニューをがんばって読んで、たぶんこれだろうと思うところにそれぞれ「一」と書いて、カウンターのおじさんに渡した。
このシステムいいねー
だいたいどのお店でも注文表に書いて渡したらよかった。

このあと林百貨に行って、あれこれ見て回って、うっとりして、買い物したらお腹が減ったので、度小月担仔麺で担仔麺。
20190414111443_20190414111458.jpg
パクチーが効いてておいしかった。

さすがに歩き疲れていったん宿に戻った。
少し休んだら復活したので、一人でぷらぷら出て行った。
せっかく宿の近くにあるからと思って赤嵌樓に行って、そのあとぷらぷら歩いていたら、おお、これは肉燥飯だ!と、民族路沿いのお店でまたご飯。
20190414111443_20190414111500.jpg

また宿に戻って一休みして、飲みに行こうと向かったのが前日の夜と同じ海安路だった。
じつはこのブログを読んですごく行きたかったお店があった。
それが海安路の感性滷味。
20190414111443_20190414111503.jpg
煮込みの具がずらーっと並んでて、そこから自分でざるに取ってお店の人に渡すという仕組みになっていた。
煮込み以外のメニューは、注文表に書いて渡す。
ビールは冷蔵庫から勝手に持ってくる。
いやー、ビールがすすむすすむ。

ここもお店の人が親切で、煮込みはこうやって注文するんだよとか、煮込みをつけるたれはここから取って行ってねって教えてくれて(たれの種類のまた豊富なこと)、勝手の分かってないわたしたちにさっと栓抜きを出してくれた。
ここもまた行きたいなぁ。

というわけで、大満足の2日目だった。

category: 旅に出る

tb: 0   cm: 0

金沢を満喫  

先日、金沢に行ってきた。
20190309012230_20190309012238.jpg

20190309012230_20190309012245.jpg

おいしいもん食べるぞーって。
市場でおでん、コロッケ、海鮮丼。
東茶屋街に移動してフルーツ大福。
20190309012230_20190309012322.jpg

香林坊でいい感じの居酒屋を見つけて食べて飲んで。

その合間に金沢21世紀美術館に行って、やっと「レアンドロのプール」が見れた。
20190309012230_20190309012251.jpg

20190309012230_20190309012256.jpg

20190309012230_20190309012301.jpg

20190309012230_20190309012308.jpg

過去2回行ったときはメンテナンスかなんかで入れへんかったから。
プールの中に人がいるように見えるのがどういう仕組みかわかって満足。

大好きな「タレルの部屋」も満喫した。
20190309012230_20190309012311.jpg

20190309012230_20190309012314.jpg

受験シーズン中はアウトプットするばっかりで、いまやっと好きなものを吸収できるようになったかんじ。

category: 旅に出る

tb: 0   cm: 0