赤いオレンヂ

ヘンプアクセサリー制作日記(更新頻度はのんびり)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「体脂肪計タニタの社員食堂」  

うわ、このカテゴリで書くの久々。
B00C4MSHXO映画 体脂肪計タニタの社員食堂 (DVD2枚組)
角川書店 2013-09-27

by G-Tools

正直、この映画を侮ってました。
なんとなく気になっていた映画を録画しておいて、休日、何もすることないからまあ観とこか。
それくらいの軽ーい気持ちで観始めました。
なにこれ、めっちゃおもしろいねんけど。

一番はやっぱり優香さんかな。
5月だったか、三谷さんの舞台「酒と泪とジキルとハイド」を観に行きました。
愛之助さん目当てで。
キャストのみなさん本当によかったんですけど、とくに「おー!」と思ったのが優香さんでした。
これが初舞台?
愛らしくて、大胆で、めっちゃ惹き付けられました。
この映画でもその魅力があふれでてたんじゃないだろうか。

ダイエット部の4人もそれぞれ魅力的。
わたしは、最後小気味よく男を振る女子がかわいらしくて強くて気に入りました。

わたしがふだん作っている料理はけっこうヘルシーな方なんだと分かったけど、ビールがそれを邪魔しているかも。
映画を観てどきっとしてしまいました。
スポンサーサイト

category: こんな映画も観た(い)

tb: 0   cm: 0

「傷だらけの男たち」が観たい  

7/7から公開してるっていうのに、いまごろ知ったわたし。
しまった、昨日なら確実に観に行けたのに。

デスクトップも公式サイトからダウンロードしたものに変更した。

京都で上映しているのはTOHOシネマズ二条だけ。
久御山でもやってくれたらいいのにな。

category: こんな映画も観た(い)

thread: つぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 1

ダ・ヴィンチ・コードを観た  

こないだ、映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観に行ってきました。
けっきょく本も読まないままだったのですが、おおまかな流れはつかめて、それなりに楽しめました。
とくに絵画の解説の場面は、映画だからこそ分かりやすく伝わるもので、ほほ~と感心してました。

ただ、時間の都合か、さらっと流しすぎてるために細かいところで「どうなん?」とわからないところがありました。
たとえば、けっきょくジャン・レノの役回りはなんやったん?とか、ロレックスの男は何者やったん?とか。
キリスト教の歴史や蘊蓄も、もっとみっちり説明されたい。

だから、本を読んで確認しようと思います。
原書と日本語訳と両方家にあるので、まずは原書にチャレンジ。
あかんかったら日本語訳で楽しもう。

category: こんな映画も観た(い)

tb: 0   cm: 0

「寝ずの番」  

1日の映画の日に、京都シネマで「寝ずの番」を観てきました。
らもさん原作。

落語家「笑満亭橋鶴」の臨終から始まる、一連のお通夜。
いやー笑った笑った。
あの原作をここまで忠実にやるとは!というくらい、とても艶っぽい映画でした。
予告編がすべてを物語っています。
でも、けっして下品ではない。
「品」の境界線ギリギリのところで、すくっと立っています。
-- 続きを読む --

category: こんな映画も観た(い)

tb: 0   cm: 0

ブラウン・バニー  



3/9、WOWOWにて。

バド(ヴィンセント・ギャロ)はバイクレーサー。
ひとつのレースが終わり、次のレースのためにひとり車でカリフォルニアへ向かう。
花の名前を持つ女性たちに次々と声をかけるが、そこからドラマは展開しない。
とても静かで奇妙なロードムービー。
-- 続きを読む --

category: こんな映画も観た(い)

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。