赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

「舟を編む」  


ちびちびワインを飲みながら、映画「舟を編む」を観た。
久々に休みらしい休み。
大好きな小説が丁寧に映像化されてて、本当に堪能したよ。

category: こんな映画も観た(い)

tb: 0   cm: 0

図書館戦争 THE LAST MISSION  


先日、映画「図書館戦争」を観に行った。
原作に忠実なオリジナル!
戦闘シーンも恋愛要素も、どちらもたっぷり堪能。
ラストの堂上と郁との掛け合いなんてもう、ニヤニヤしてしまう。

何より自衛隊と図書館の協力っぷりがすごい。
館内での銃撃シーンは、まさしく「図書館戦争」ならではだった。
本が焼かれ、踏みにじられ、撃たれ、紙片が舞う場面を見るのはとても心が痛い。
昭和の後メディア良化法という法律が成立したパラレルワールドだけど、現代の日本の国内で敵味方に分かれて銃を持って戦うシーンを見るのは、やっぱり胸が痛む。
戦国時代とか幕末が舞台のドラマや映画を見てもそんなこと思わないのにね。
表現の自由、言論の自由が制限されるってどういうことか、身近なこととしてよく分かる。

エンターテイメントとして本当に楽しんだ一方で、しっかりメッセージも伝わってきた。
今月末にもう一度観に行く予定。
夫と二人で行くと夫婦50割で2人2200円で観れるけど、1人だと1800円。
たかっ!

category: こんな映画も観た(い)

tb: 0   cm: 0

「体脂肪計タニタの社員食堂」  

うわ、このカテゴリで書くの久々。
B00C4MSHXO映画 体脂肪計タニタの社員食堂 (DVD2枚組)
角川書店 2013-09-27

by G-Tools

正直、この映画を侮ってました。
なんとなく気になっていた映画を録画しておいて、休日、何もすることないからまあ観とこか。
それくらいの軽ーい気持ちで観始めました。
なにこれ、めっちゃおもしろいねんけど。

一番はやっぱり優香さんかな。
5月だったか、三谷さんの舞台「酒と泪とジキルとハイド」を観に行きました。
愛之助さん目当てで。
キャストのみなさん本当によかったんですけど、とくに「おー!」と思ったのが優香さんでした。
これが初舞台?
愛らしくて、大胆で、めっちゃ惹き付けられました。
この映画でもその魅力があふれでてたんじゃないだろうか。

ダイエット部の4人もそれぞれ魅力的。
わたしは、最後小気味よく男を振る女子がかわいらしくて強くて気に入りました。

わたしがふだん作っている料理はけっこうヘルシーな方なんだと分かったけど、ビールがそれを邪魔しているかも。
映画を観てどきっとしてしまいました。

category: こんな映画も観た(い)

tb: 0   cm: 0

「傷だらけの男たち」が観たい  

7/7から公開してるっていうのに、いまごろ知ったわたし。
しまった、昨日なら確実に観に行けたのに。

デスクトップも公式サイトからダウンロードしたものに変更した。

京都で上映しているのはTOHOシネマズ二条だけ。
久御山でもやってくれたらいいのにな。

category: こんな映画も観た(い)

thread: つぶやき - janre: 日記

tb: 0   cm: 1

ダ・ヴィンチ・コードを観た  

こないだ、映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観に行ってきました。
けっきょく本も読まないままだったのですが、おおまかな流れはつかめて、それなりに楽しめました。
とくに絵画の解説の場面は、映画だからこそ分かりやすく伝わるもので、ほほ~と感心してました。

ただ、時間の都合か、さらっと流しすぎてるために細かいところで「どうなん?」とわからないところがありました。
たとえば、けっきょくジャン・レノの役回りはなんやったん?とか、ロレックスの男は何者やったん?とか。
キリスト教の歴史や蘊蓄も、もっとみっちり説明されたい。

だから、本を読んで確認しようと思います。
原書と日本語訳と両方家にあるので、まずは原書にチャレンジ。
あかんかったら日本語訳で楽しもう。

category: こんな映画も観た(い)

tb: 0   cm: 0