赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

トイレに行くのが楽しくなりそう  

blog-photo-1093964286.26-0.jpg
スポンサーサイト

category: 携帯より

tb: 0   cm: 0

ku:nelのバックナンバー  

おととい、梅田のBOOK 1st.に行ってきました。
…たしか、前はどどーんとバックナンバーが置いてあったと思うんだけれど。
置き場所も変わって、最新号しか置いてませんでした。

6~8号は在庫があるみたい

そしてそして、1~3号は復刊するみたいです。
Amazonで予約受付中。
さっそく予約しました。

category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 2

記念日の贈り物(オットより)  

blog-photo-1093614531.11-0.jpg

category: 携帯より

tb: 0   cm: 0

なぜ幸水なのか  

わたしはふだんほとんど果物を買わないし食べないけれど、これだけは買う。
その名も幸水。
梨。
他の梨は買わないし、食べない。

しゃりしゃりとして甘く、水気もたっぷり。

たぶん母親が幸水好きだから、幸水ばっかり食べて育ったような気がしている。
あ、でも彼女は梨以外の果物も大好きで、実家に行けば必ず何か果物があるなぁ。
母親というフィルターを通したものの中からさらに厳選してわたしに残ったのが幸水、ってことか。
じゃあ、もしわたしに子どもができたら、その子どもは「果物=幸水」と思い込んで育つ可能性大なのか?
それはまずい。
もし子どもができたら、いろんな果物を味あわせてあげよう。

むかし、どう見ても「豊水」なのに札には「幸水」って書いてあるからといって母が買ってきた梨は、食べてみるとやっぱり豊水だった。
それ以来豊水は食べてない。
このウソつきめ!と思ってしまうもので。
豊水に罪はないのに。
まちがえて札を書いてしまったお店と、自分の目を信じずその札を鵜呑みにしてしまった母のせいなのに。

お盆が近づくと、大振りで形のいい幸水が店頭に並びだす。
あーもうそんな時期かーと思いながら、お盆が過ぎるのを待つ。
すると、とたんに安くなる。
おとつい買ったのなんて、1玉98円。
これぐらいの値段になると、夏ももう終わりかーとしみじみする。
毎年、こうして夏の終わりを知る。

うーん、所帯じみてるかも。

category: 日々のあれこれ

tb: 0   cm: 3

大好きな幸水。いただきます!  

blog-photo-1093532438.06-0.jpg

category: 携帯より

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。