赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

いい天気~  

201001291250000.jpg
こんな空の下で、うつらうつらできたらサイコー。

category: 携帯より

tb: 0   cm: 4

プチ一人旅  

20100121173325
あいにくの天気だけれど、オーシャンビュー。
相変わらず、まったりビール中~

携帯とパソコンの充電器を持ってくるのを忘れました。。。
ほどほどにしといて、ゆっくりしろってことよね。

category: 携帯より

tb: 0   cm: 4

年末年始の読書  

2010年が始まって1週間経ちましたね。
いまさらですが、今年もよろしくお願いいたします。

年末年始の2週間は怒濤の勢いで仕事してました。
そんな時期に、毎晩寝る前にちびちびと読んでいた本がこちら。

4334746969再びのぶたぶた (光文社文庫)
光文社 2009-12-08

by G-Tools


毎年12月に刊行される矢崎存美さんの「ぶたぶた」シリーズ最新刊。
ぶたぶたさんというのは、バレーボールくらいの大きさの、桜色をした、まあ率直に言うと、ぶたのぬいぐるみなんです。
でも中年のおじさんで、人間の奥さんと2人の子どもがいて。
連続したお話ではなくパラレルワールド的で、その時々でぶたぶたさんの職業も置かれている状況もちがいます。
今回は、いままでの話に出てきた人たちが再度出てくる、続編というかスピンオフというか。

とまあ、内容を説明するのがなんとも難しいシリーズなんですが、これはなんといってもぶたぶたさんの人柄がすばらしいシリーズです。
そして、登場人物たちは基本的に性善説にのっとった人たちで(もちろん例外もありますが)、読んでて不愉快な思いをすることがありません。
ほのぼの、たまにしんみり、たまにはらはら、やっぱりほのぼの、みたいな。
このシリーズを読んだ後は、人ってやっぱりいいものだなーと温かい溜息をほーっともらしてしまいます。

シリーズ全巻持っているものの、こんな人出てたっけ、、、そういやいたかなーと、うっすらとしか覚えていない話もあるので、また一気読みしようかな。
(って、いつするつもりなのかしら。。。)

それから、今さらながら発見して、毎晩睡魔とたたかいながら読んでいたシリーズがこちら。

4087462870東京バンドワゴン (集英社文庫)
集英社 2008-04

by G-Tools


4087464245シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン (集英社文庫)
集英社 2009-04-17

by G-Tools


東京の下町にある古本屋さん「東京バンドワゴン」を舞台に、総勢、、、何人だ、とにかく大家族のお話です。
1冊1年。
こちらは時系列にそって話が進んでいきます。
家族以外のレギュラーメンバーも、続々と増える準レギュラーメンバーも、とにかく登場人物が多いんだけれど、役柄や立場がかぶる人がいないので、すんなりと頭に入ってきます。

毎回複数の事件というかごたごたが起きて、でも最後は丸く収まるという、王道パターン。
ごたごたとラストの落差が気持ちよくって、登場人物の啖呵も心意気も気持ちよくって、ほろりと泣いたりがははと笑ったり。
安心して読めるシリーズで、早く3冊目も文庫化しないかなーと心待ちにしてます。

わたしはあまり、人生の意味について深く考えさせられたり、人間の持つ暗部をえぐったりする話は読みません。
あ、そこにエンターテイメント性があれば別ですけど。
それから、人間とはなんぞや的な深遠なテーマも好んで読みません。
そんなことはふだん見聞きしてる範囲で十分だし、そこからふだん感じることで十分なのです。
それより、ぶたぶたさんとか東京バンドワゴンとか、安心して読めるシリーズ物が大好きです。
純粋に物語世界を楽しめるような、はらはらどきどきものも好きです。
いまは日常がばたばたしているので、読書世界は落ち着いてる方がいいですね。

category: こんな本を読んでいる

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 8