赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

【オーダー】静電気防止ブレス「太陽」3  

オーダーでお作りしている静電気防止ブレス。
この「太陽」も第3弾となりました。
第1弾第2弾はこんなんでした。)

 
 

今回もまたチャムランさんのヘンプ「チャコールマーブル」、CIELOさんのリネン「墨」、静電気防止用組みひもの黒を使用。
カレンシルバーやらインドシルバーやら、とにかくシルバーをいろいろ編み込んでます。

男性はもちろん、女性が着けてもかっこいいと思う。

category: こんなものを作っている

thread: ハンドメイドの作品たち - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

ひとりソウル梅田クアトロ  

今年最後のライブに行ってきました。
田島さんの声、歌、ギター、音楽、姿、しゃべり、興奮しすぎてわけわからんくらいになるところ、今日も間近で堪能〜

category: こんな音楽を聴いている

tb: 0   cm: 0

「読書の未来」  

有川浩さんのブログ、「読書の未来」を読んで。

読みたい本のすべてを買うことはできないけど、こういう本は好きだ! この人の本は好きだ!と思うものは、買う。
でも、買うまではないけど、とりあえず読んでみたいからまずは図書館で借りるっていうのもあり。
それで読んでみて、「この人の本は今後買って読む」本に昇格するものもあるし。
やっぱり買うまでもないなっていうのもあるけど。
それは、本の力とわたしの好みしだい。

category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 0

2015年静電気防止ブレス第1弾  

えー、、、前回、「ブログを移転しました」って書いたんですが。
いろいろ考えた結果、ヘンプ関係はこちらにも書いていくことにしました。

というわけで、前にもまして更新頻度はゆっくりになるかと思いますが、またこちらでもよろしくお願いします。
ヘンプ以外のいろいろは新ブログで書いてます。

さて、毎年恒例の静電気防止ブレス第1弾です。
ショップにアップ中。

艶〜No.6
 bracelet256_1.jpg
チャムランさんのヘンプ「マーブル・あわゆき」。
淡いピンクとちょこっとグレーのムラ染め。
「あわゆき」という名のごとく、淡くやさしい雰囲気です。

艶〜No.7
bracelet257.jpg bracelet257_1.jpg
CIELOさんのムラ染めヘンプ「桃豹」。
濃いピンクと渋いピンク、グレーのムラ染め。
No.6と比べると、こっちの方はちょっと色っぽいかんじがする。

男前系〜No.7
bracelet258.jpg bracelet258_1.jpg
CIELOさんのムラ染めヘンプ「青竹色」。
ブルーグレーの濃淡のムラ染め。
懐かしい「和」シリーズの色です。
この微妙な色使い、やっぱり好みだなぁ。

森〜男前系〜No.6
bracelet259.jpg bracelet259_1.jpg
CIELOさんのヘンプ「灰汁色」。
淡いベージュに1カ所少し濃いベージュが入ってます。
これもまたいい色で、うん、やっぱり好みです。

category: こんなものを作っている

thread: ハンドメイドの作品たち - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

2015年10月に読んだ本  

2015年10月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1251ページ
ナイス数:57ナイス

AR 推理バトル・ロワイアル (『このミス』大賞シリーズ)AR 推理バトル・ロワイアル (『このミス』大賞シリーズ)感想
ARという仮想現実の設定はおもしろかった。エピローグは蛇足だと思うけど。
読了日:10月22日 著者:伽古屋圭市
ラスト・ワルツラスト・ワルツ感想
出てくるスパイがみんなD機関とは限らない。「ワルキューレ」ではまんまと騙された。騙されたけど、たしかにちがうよなーと思う。
読了日:10月22日 著者:柳広司
21面相の暗号 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)21面相の暗号 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
読んでみたら続編だったけど、前を知らない読者でもついていける仕様。グリコ森永事件の一つの解と思うと、おもしろかった。本編にからんでくる会社の話とか、計画を企てた男の話をもっとちゃんと読みたかったかな。
読了日:10月20日 著者:伽古屋圭市
帝都探偵 謎解け乙女 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)帝都探偵 謎解け乙女 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
『からくり探偵』がおもしろかったので、こちらも読んでみた。きっとどんでん返しがあるぞーと思いながら、すっかり翻弄されて楽しんだ。で、最後の最後。!!!やっぱり表紙を確認してしまった。後から思えば、あのちょっと引っかかったシーンがヒントだったのかな。映像ではなし得ない、文字だからこその仕掛けだなぁ。
読了日:10月7日 著者:伽古屋圭市

読書メーター

category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 0