赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

化石オートバイ「輪廻ドライバー」  

8/2昼観劇。

山浦さん、高須さんの客演はあったものの、久々の化石公演。
なので、非常に楽しみにしていた。

内容はいつもの化石節。いや、山浦節。
これが、久々のせいだけじゃないと思うけど、わたしにぴたーっとはまった。
謎の男と謎のおっさんと謎の少年が出てくる、熱いような冷たいようなファンタジー。
3人の役者がそれぞれ1人何役もこなし、一見なんの関係もないような別の場所で起こっている出来事がじつは関係があって、ラストに向かってそれらがだんだん近づき収束する、という構図はいつもと一緒。
今回はその空間の行き来だけでなく時間の行き来もあって、話はより複雑やってんけど、その複雑さをあまり感じさせなかった。
笑いの場面が、前よりも直接的に、言い換えればベタになってたからかな?
いやいや、おおいに笑って泣きましたよ。

「芝居というのは、お客さんの想像力で成り立っている。その想像力に点火するのが我々の仕事。」みたいなことを、こないだファントマ公演を観に行ったときにえん魔ちゃんが言っていた。
化石オートバイは、この想像力を刺激するのが本当にうまい。
小道具は2つくらいしかなくて、舞台もあっさりして抽象的な大道具が3つ置いてあるだけ。
あとは役者3人の演技力と照明と音響で魅せている。
そうそう、音響がけっこうリアルなんだわ。それが舞台を大きく支えていることに今回やっと気付いた。
とにかく、彼らはすごいわ。

チラシより引用

お前の輪廻をドライブするぜ!

不滅の輪廻ドライバー

おかげでなにもかも大回転

星の知らせを真に受けて

黄泉の国までジョイライド

不滅のジョーと酔いどれキング
三半規管が壊れるほどに大回転

化石オートバイが放つ
渾身の脱力パンク芝居

「なんでおれがチャイルドシートに?!」

「ぼくの前世はコンビーフでした…」

「来世もきっとコンビーフです」

関連記事

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/11-1338ab97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)