赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

2014年6月に読んだ本  

先月は久々にたくさん読みました。
と言っても、ほとんどが再読ですが。
しかも、中高生の頃に読んでた本の。
当時は少ないお小遣いから、ちびちび買っていたなぁ。
いま読んでも、おもしろいものはおもしろい。

新しく読んだのは『舟を編む』。
読書のおもしろさを改めて味わいました。
これは映画も観てみたい。

2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3565ページ
ナイス数:45ナイス

雑居時代 下 (集英社文庫―コバルトシリーズ 52-H)雑居時代 下 (集英社文庫―コバルトシリーズ 52-H)感想
上巻を25年ぶりくらいに読んだあと、一気に下巻へ。そうそう、こういう話だったよ! 人間の根性なんて数十年で激変するものでもなく、いまも以前もこういうヤツいるよなぁと、つくづく思う。現役の高校生が読んだら、またぜんぜん違う感想を持つんだろうか。
読了日:6月28日 著者:氷室冴子
雑居時代 上 (集英社文庫―コバルトシリーズ 52-G)雑居時代 上 (集英社文庫―コバルトシリーズ 52-G)感想
先月末から突如、氷室冴子さんを再読(再々読? 再々々読?)し始めた。25年ぶりくらいに。当時は同世代ぐらいだった数子が、家弓が、勉が、いまやいくつ下なんだろう。なんていうことは読み終わったあとに思ったことで、読んでいる最中はあまり時代を感じなかった。もちろんスマホも何も出てこないけど、そういう機器を持っている/持っていないはじつは些細なことで、人はそんなに変わらないのかもしれない。
読了日:6月28日 著者:氷室冴子
舟を編む舟を編む感想
言葉を愛する人による、言葉を愛する人々についてのお話。「おいしい料理を食べたとき、いかに味を言語化して記憶しておけるか。板前にとって大事な能力とは、そういうことなのだと、辞書づくりに没頭する馬締を見て気づかされました」「先生のたたずまい、先生の言動。それらを語りあい、記憶をわけあい伝えていくためには、絶対に言葉が必要だ。」最後まで読んで、改めてこの本を見て。ああ、こういう本をわたしは待っていたのだなぁ。きっかけは模試の問題文だったけれど。ちょうど、西行の件だったなぁ。問題作成者に感謝。
読了日:6月23日 著者:三浦しをん
せんべろ探偵が行くせんべろ探偵が行く感想
10年ぶり以上に読んだせんべろ。ああ、らもさん相変わらずで。あれ、このイラストってひょっとして。奥付を見たけれど、載っていない。読み進めたら「イラストレーターの長谷川君」って。やっぱり! 長谷川義史さん! 10年以上も経つと、イラストレーターの長谷川君から絵本作家の長谷川義史さんになるんだなぁ。ああ、長谷川さんは生きているんだなぁ。らもさんの本なのに、ずっと長谷川さんのことを考えていた。
読了日:6月20日 著者:中島らも,小堀純
なんて素敵にジャパネスク〈8 炎上編〉 (コバルト文庫)なんて素敵にジャパネスク〈8 炎上編〉 (コバルト文庫)感想
25年ぶりくらいに読み返して、シリーズ後半も読んだはずなのにあまり覚えてないなーと思ったら、怒濤の勢いの展開だった。ああ、当時もきっと、ページをめくる暇も惜しいくらいに先へ先へと読んでいったんだろうなぁ。。。今回もまた、読み急いでしまった。
読了日:6月7日 著者:氷室冴子
なんて素敵にジャパネスク〈7 逆襲編〉 (コバルト文庫)なんて素敵にジャパネスク〈7 逆襲編〉 (コバルト文庫)
読了日:6月7日 著者:氷室冴子
なんて素敵にジャパネスク〈6 後宮編〉 (集英社文庫―コバルトシリーズ)なんて素敵にジャパネスク〈6 後宮編〉 (集英社文庫―コバルトシリーズ)
読了日:6月7日 著者:氷室冴子
なんて素敵にジャパネスク〈5 陰謀編〉 (集英社文庫―コバルトシリーズ)なんて素敵にジャパネスク〈5 陰謀編〉 (集英社文庫―コバルトシリーズ)
読了日:6月7日 著者:氷室冴子
なんて素敵にジャパネスク〈4 不倫編〉 (集英社文庫―コバルトシリーズ)なんて素敵にジャパネスク〈4 不倫編〉 (集英社文庫―コバルトシリーズ)
読了日:6月4日 著者:氷室冴子
なんて素敵にジャパネスク〈3 人妻編〉 (集英社文庫―コバルトシリーズ)なんて素敵にジャパネスク〈3 人妻編〉 (集英社文庫―コバルトシリーズ)
読了日:6月4日 著者:氷室冴子
続 ジャパネスク・アンコール! (集英社文庫―コバルトシリーズ)続 ジャパネスク・アンコール! (集英社文庫―コバルトシリーズ)
読了日:6月4日 著者:氷室冴子
ジャパネスク・アンコール! (集英社文庫―コバルト・シリーズ)ジャパネスク・アンコール! (集英社文庫―コバルト・シリーズ)
読了日:6月4日 著者:氷室冴子
なんて素敵にジャパネスク (2) (集英社文庫―コバルト・シリーズ)なんて素敵にジャパネスク (2) (集英社文庫―コバルト・シリーズ)
読了日:6月4日 著者:氷室冴子
なんて素敵にジャパネスク (集英社文庫―コバルト・シリーズ)なんて素敵にジャパネスク (集英社文庫―コバルト・シリーズ)感想
最近kindleでジャパネスクを見つけて、25年ぶりに読みました。相変わらずのおもしろさ! 瑠璃姫は、いまのわたしから見ればそれはもう若いのに、すんなりと感情移入できてしまう。kindle本の表紙はこれではないんだけれど、わたしにとってジャパネスクはやっぱりこの表紙なので、こっちに感想を書きます。
読了日:6月4日 著者:氷室冴子

読書メーター
関連記事

category: こんな本を読んでいる

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/1141-8f14a7da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)