赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

7年ぶりの英語多読  

最近ほんとに本を読んでなくて、ましてや英語多読なんてずーっとしてなかったのに、なんだか突然再開しました。
きっかけは、1冊の絵本でした。
0064435814Tell Me Again About the Night I Was Born
Jamie Lee Curtis Laura Cornell
HarperCollins 2000-08-29

by G-Tools
邦題は『ねぇねぇ、もういちどききたいな わたしがうまれたよるのこと』。
9年前に購入して、たぶん読まないままずーっと本棚に置いてました。
それが10日前、なんでか分からないけど、手に取って、読み始めて。
読む中であれ?と思ったことが、そういうことか!と分かって、もっかい始めから読みました。
あったかいお話だった。

そう、お話。
わたしは「お話」に飢えていたのかな?

なんせ本だけはたくさんあるので(しかも、未読本の方が圧倒的に多い)、読む本には困りません。
再読した、Getting To Know The World's Greatest Artistsのシリーズ、Sharon Creechの絵本、Francesのシリーズ、Little Bearのシリーズ、Cynthia Rylantの絵本。
いまはNate the Greatのシリーズを最初から読み倒しているところ。

今回新しく読んだ本。
0064434680The Silk Route: 7,000 Miles of History
John S. Major Stephen Fieser
HarperCollins 1996-03-08

by G-Tools
シルクロードのことがコンパクトにまとめられていて、おもしろかった。
西に進むにつれて、文化がだんだん変わっていくところも。
交通の要所にはいろんな文化の人がいて、とてもにぎやかだったんだなぁと、歴史に少し思いを馳せることもできた。

0142403628Fireboat: The Heroic Adventures of the John J. Harvey (Picture Puffin Books)
Maira Kalman
Puffin Books 2005-08-04

by G-Tools
邦題は『しょうぼうていハーヴィ ニューヨークをまもる』。
なんでこの絵本を買ったのかと思ったら、矢野顕子さんが訳しているのを知って、矢野さんがTwitterでこの絵本のことを書いたのを読んだからじゃないかな。
レビューとか見ず、先入観なしでいきなり読むのがいいと思う。
わたしも買ったきっかけをすっかり忘れた頃に読んだのがよかったみたいで、心に深く残る絵本になった。

読んでるうちにまた新しく買いたくなってしまうかもしれないけど、以前多読にはまっていたときに買った本が山ほどあるので、まずはそれを読み進めていくつもり。
今度は一度、多読の軌跡をまとめてみようと思います。
(今度って、いつになるかな。。。)
関連記事

category: こんな本を読んでいる

thread: 洋書 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/1161-154c3b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)