赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

2015年4月に読んだ本  

本を読むのはたいてい寝る前ベッドの中なんだけれど、この2冊は移動中に夢中になって読んでました、そういえば。

2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:663ページ
ナイス数:5ナイス

境界の民  難民、遺民、抵抗者。 国と国の境界線に立つ人々境界の民 難民、遺民、抵抗者。 国と国の境界線に立つ人々
読了日:4月22日 著者:安田峰俊
黒田如水(吉川英治歴史時代文庫 44)黒田如水(吉川英治歴史時代文庫 44)感想
話の渦中から物語が始まって、とてもドラマ的。前半、脳内ではドラマの登場人物たちがしゃべっていたけれど、いつの間にか吉川英治の語りに引き込まれていった。村重に捕われていた時期のことが家臣側からもじっくりと描かれていたのがよかった。ある一時期に焦点をあてて、官兵衛像をくっきりと浮かび上がらせたという印象の作品。
読了日:4月2日 著者:吉川英治

読書メーター
関連記事

category: こんな本を読んでいる

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/1170-27190bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)