赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

「髑髏城の七人 season花」  


18765590_1907938402816620_6101516174366004674_n.jpg 18882002_1907938436149950_1685492699443523634_n.jpg

18835547_1907938429483284_998064541457578631_n.jpg 18765617_1907938466149947_305590946300271983_n.jpg

劇団☆新感線「髑髏城の七人 season花」を観に、東京のステージアラウンドに行ってきました。
さすがに1990年の初演は観てないけど、1997年の再演、2004年のアカドクロ、アオドクロと観て、2011年のワカドクロは観てないから13年ぶりの髑髏城でした。
信長亡きあと、もと家臣やら家康やらの思惑が乱れに乱れてっていう時代設定。

今回は豊洲にできた新しい劇場のこけら落としで、この髑髏城を花鳥風月4シーズン上演するという試みの第1弾だったのです。
この劇場は客席が真ん中にあってそのまわりに舞台があって、なんと客席がまわるのですよ。
映像もそれにつれて動いて、役者さんはたぶん360度走り回ってるし、初めての演劇体験でした。
舞台に川流れてるしね。
話もけっこう忘れてたから、新鮮な驚きでいっぱいだったし。

7月の鳥のチケットは入手済み、10月の風は先行抽選の結果待ち。
風のチケット取れてますように。
そして月もぜったい観に行ってやる。
4シーズンそれぞれ趣向がちがうみたいやから、楽しみです。

関連記事

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/1271-a0eb9805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)