赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

小島麻由美と戦御史  

3ヶ月前は旅行に行き、2ヶ月前は髑髏城のシーズン風を観に行っていた。
そして、田島さんのひとりソウルショーに行ってからちょうど1ヶ月。

じつは最近いろいろ音楽配信アプリを試してて、世の中にはいろんな音楽があるなぁと改めて思ってるところ。
ここ10年とは言わないけれど、少なくとも5年以上はほとんど田島さんばっかり聴いてたから、わたしにとっての新しい音楽が多い。

ふだんのわたしの行動範囲は桂川の西側なんだけど、こないだ久しぶりに車で桂川を越えて、鴨川も越えたことがあって、そのときに本当に久しぶりに田島さん以外のプレイリストを聴いた。
いつも車ではiPodでPodcastか田島さんを聴いてるんだけど、このときはなんか違うのが聴きたくなって。

わたしこんなん聴いてたなーって、自分のことながらなかなか新鮮だった。
そしたら小島麻由美が流れてきて、いつ買ったっけってびっくりしたけど、そうや!昔ピースピットの「呪いの姫子ちゃん」観に行ったときにこの人の音楽が使われてて、それで気に入って買ったんやって思い出した。
いま確認したら、ちょうど10年前。

で、姫子ちゃんといえば、10日前に観に行った壱劇屋の「戦御史」。
ちょっと前から気になってた若い劇団で、10年以上前から好きな役者の赤星さんが客演で主演だし、ノンバーバル殺陣芝居っていうのも惹かれるしで行ってきた。

最近は新感線とかいつも決まった劇団の公演しか観に行ってなくて(そういう今日も、新感線を観るために東京へ向かっているところ)、新しい劇団を観るのもHEP HALLに行くのも本当に久々だった。
座席には戦御史のチラシがあって、その中で作演出の人が、僕たち高校演劇をしてたときにこのHEP HALLで姫子ちゃんを観てました!って書いてた。
わぁ、あのとき同じ空間にいたかもしれない子がいまもずっと演劇を続けてて、それをいまからわたしが観るんやなぁって思ったら、なんかもう、感慨深いものがあったよ。

セリフがなくて動きや表情で話が進んでいく上に、二人の男の記憶が入り混じり、他の人の記憶にもなり、何回も過去に戻って違う視点になるから、話がちゃんと分かってるわけではないけどおもしろかった。
そして、さすが殺陣芝居と銘打ってるだけあって、殺陣がめっちゃかっこいい!
目の前だから迫力ある!
前回の新感線では満たされなかったから殺陣に飢えていたのが、いやもう大満足だわ。
劇場の大きさとか設備の立派さと中身のおもしろさはまたぜんぜん別物よなぁと、改めて思った。

けっきょく何が言いたいかというと、先月は新しい発見がいろいろあって楽しかったのですよ。
関連記事

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/1321-124d2cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。