赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2004年夏バルセロナ(1/6)  

1. 7/30バルセロナ到着

南仏からカタランタルゴに乗りました。
乗ってる間ほとんどずっと本を読んでたのでとくに列車の印象はありませんが、スペイン国境を越えると車内放送が変わった気がします。
それまではフランス語→カタルーニャ語(スペイン語かも?)の順番で放送してたのが、国境を越えるとカタルーニャ語→フランス語に変わったような。
なんせ1年前の記憶なんで、たしかそうやったような気がする、程度の印象です。
4時間弱でバルセロナ・サンツ駅に着きました。
夜の9時半はとうにまわってました。

ホテルは駅のすぐそばにあるExpoというところに予約していたので、スーツケースをごろごろひきながら、でも迷ってるそぶりはぜんぜん見せないようにしてがしがし歩いてました。
そう、駅が広くって、どっちの方角を向いてるか分からなかった。。。
そしたら!
スーツケースを転がして『地球の歩き方』を見ながら、いかにも「わたしら迷ってます」ってかんじでうろうろしている若い日本人カップルが!
これはどうみてもカモなんちゃう、、、と一瞬心配したけれど、この子らがいてくれたらうちらは狙われへんわぁと次の瞬間に気持ちを切り替え、堂々と歩き続けたのでした。
このときのカップルよ、ごめんね。

偶然にも正しい出口から出ていて、大きいホテルだったのですぐに見つかり、無事チェックイン。
そういやこんなに遅くに着いたのによく予約が流れへんかったなーと今さらながら思ったんですが、予約するときに「何時着のカタランタルゴで着くから」って知らせておいたような気もします。

すっごくおなかが減っていたので、ホテルの横にあるカフェ(?)でお食事。
なんだかいかつい顔したおっちゃんがしっかりしきってるところでしたが、『地球の歩き方』に載っていた数少ないカタルーニャ語を並べたててみたら(わたしじゃなくてオットが)、一瞬にやっと相好を崩してその後あれこれと世話を焼いてくれたのでした。

とにかく一言でも二言でもいいから、挨拶とお礼以外にもそこのことばでしゃべってみるよう心掛けたおかげで、後日いい思いをすることができました。
関連記事

category: 旅に出る

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/294-69aadb76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。