赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2004年夏バルセロナ(3/6)  

3. 7/31半日市内観光(サグラダ・ファミリア編)

またミニバスに乗って移動。
サグラダ・ファミリアに着きました。
さすがに周りは観光バスだらけ、観光客だらけ。

ガイドさんが団体用チケットを配ってくれたような。。。
彼女は中に入らない。
したがって半日ツアーもここでおしまい。
あとは各自自由にサグラダ・ファミリアを見学し、その後どこに行こうがもちろん自由。
自力で行ってね、という終わり方でした。
myu10.jpg
未完成で工事中とは聞いていたけれど、ほんまにそうやった

myu11.jpg
まだここまではタダで来れるから、たしかガイドさんがいろいろ説明してくれた

myu12.jpg
どう見ても工事中

myu13.jpg
上に向かって階段を登っている時、ふと下界を見たらこんなかんじだった

myu14.jpg
内部ももちろん工事中

myu15.jpg
出口はまた入り口とは違う意匠

myu16.jpg
たぶん建設初期を描いたポスター

完成したらまた来たいなー

サグラダ・ファミリアから出てきたのが1時か2時くらい。
おなかもすいているので、すぐ近くのレストランに入りました。
Els Porxos

ここで、つたないカタルーニャ語の威力を最大限に発揮。

レストランに入り、カタルーニャ語にフランス語英語ジェスチャーを交えて食事したい旨を伝えると、ウェイターさんが満面の笑みで奥の席に案内してくれました。
入り口付近とは違って、ゆったり食事を楽しめるちゃんとした席。

メニューの選択を誤ったものの(前菜で頼んだメロンクリームのなんたらってやつが、申し訳ないけど好みじゃなかった)、とてもいい気分で食事を終えてお会計をすませて出口に向かったら。
先ほどの半日観光で一緒だった女の子2人組も同じお店で食事してました。
が、入り口のすぐそばのせわしなくて狭い席。
あれ、飲み物だけかな?と思ったけれど、ちゃんと食事してるし。
それにしては、なんだか居心地の悪そうな席。

我々の推測するところによると、やっぱりことばなのかなーと。
もちろんわたしたちだってぜんぜんしゃべれないけれど、しゃべろうとする姿勢を見せることでこんなに扱いに差があるんだーと改めて思った出来事でした。

もしかしたらぜんぜんちがう要因で、たまたまうちらが奥の席に座れたのかもしれないけどね。
それはそれでうちらの運が良かったってことで、とにかく楽しく食事できたからいいんです。
関連記事

category: 旅に出る

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/296-fa1c2f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。