赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

台北日記3日め&最終日  

12/31。大晦日。
でも日本のようなあわただしさはないので、ほとんど年末気分になりませんでした。

迪化街に行ってみようと、ホテルからてくてく歩き始めました。
1時間くらい歩いて到着。
ふだんはいつも車でほとんど歩かない我々にとっては、驚異的な距離です。

tekika01.jpg
迪化街は問屋街で、古い町並みが残るところ。
南北に細長くのびた通りの南の端っこからスタートしました。

tekika02.jpg
tekika03.jpg

漢方薬やら乾物やらのお店が多く、とくに買いたいものもなかったので、店先をひやかしながら、とにかくぷらぷら。

tekika04.jpg

こんなところにアップルセンターが。
けっこう北まで行ったところで見つけたんだと思います。
ああ、もう記憶が曖昧。

もうここらで終わりかな?というところで、東に折れました。
大通りを目指して、さらにてくてく。

tekika05.jpg

祭りのときに使う山車のようなものがずらりと並んでいました。
これを真正面から撮ろうとしたら、この奥でおっちゃんがテレビを見ているのが見えたので、斜めから撮りました。

これだけ歩いたのでさすがに疲れたわたしたち。
林氏健康中心へ向かいました。
ここはわりと安いしマッサージも上手だと思いますが、マッサージしながらひっきりなしにしゃべりかけてくるので、ゆっくり休むことはできませんでした。
あと、清潔感に欠けるかな。

足も軽くなったところで、ランチタイム。
何を食べようかとまたうろうろし始めました。
こういう臭覚はとても利く2人なので、自分たちの勘に従って水餃子屋に入りました。

注文票の「水餃」欄に2人前のつもりで「2」と書くと、「20?」と聞かれました。
ん?と思っていると、「いーがすーゆえん、いーがすーゆえん」と。
学生時代、第2外国語で中国語を選択していたわたしの頭に、むかしむかしの記憶がよみがえってきました。
あー、1個4元なのか!

とりあえず10個注文。
まずはお通しが出てきました。

gyozaya.jpg

これをつまみながら待っていると、餃子の登場。
お皿にころんと盛られていて、見るからにうまそうです。
じっさい、うまかった!
あっという間にたいらげ、もう10個追加しました。
これもまたぺろりと食べてしまい、写真を撮らな、、、と思った頃には空のお皿しか残っていませんでした。
それぐらい、うまかった!

おみやげでも買おうとデパートを巡ってみましたが、これといってほしいものもなく、コーヒー休憩。
そごうの近くで見つけた「花・徑・開」というカフェに入りました。
店内はモノクロで統一されていて、中央には本棚。
黒猫の写真が飾ってありました。
店員さんもかわいらしくて、頼んだカフェラテをわたしの目の前に置くと少しはずかしそうに「ぼなべち!」と言いました。
フランスのカフェを意識したお店なのかな。

ここだけじゃなく前日に行った誠品書店の店員さんもかわいらしくて、「謝謝」と言ったあとはにかんだようににこっと笑ったのがとても印象的でした。

散々歩き回って疲れたわたしたちはホテルに戻って昼寝をし、夜は「カレーが食いたい」というオットのわがままを見事にかなえて、タイ料理屋で過ごしました。

最終日。元旦。
16:30発の便だったので、チェックアウトの12時前までホテルでゆっくりしたあと、バスで空港に向かいました。
行きとはちがい、台北駅まで15分ほど歩いて國光客運のバスに乗りました。
もちろん大有巴士とはぜんぜんちがうルートを通っていくので、外の景色を眺めるのが楽しかったです。

たぶん今年の年末も台湾で過ごします。
今度は郊外にも足をのばしてみたいな。

向こうでは悠遊カード(ICOCAみたいなチャージ式のプリペイドカード)を利用していました。
MRTもバスもこれ1枚で行けたから、とてもらくちん。
このカードの有効期限が最後にチャージしてから2年間らしいので、来年の年末までには必ず行くつもりです。
関連記事

category: 旅に出る

tb: 0   cm: 2

コメント

餃子の写真見たかった(笑)
おいしいもの食べてると・・・・そうなりますよね。
おいらはいつもそうです(汗)
食べる前に撮らないと・・・・胃袋に、すこーん♪
将来は年末海外で過ごしてみたいですね。
今の職場じゃ無理ですが(*ノ∀`)

URL | 余暇暇人 #79D/WHSg
2006/03/10 17:33 | edit

写真がないことで、いかにこの餃子がおいしかったかということをお伝えできたかと。
ちょっと油断すると、すぐこれですから。
ちゃんと食べる前に撮らないと、ですね。
余暇さんは年末年始もお仕事なんですね。
その分平日に休めるとか?
人様が働いているときに休みを取って満喫するのが、なんともいえずよい気分です。

URL | naong #79D/WHSg
2006/03/10 18:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/370-5695fbf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)