赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

アストラカン編とよろい編  

やっと行ってきました、HEP HALLのTheatre14特別企画「 lovers ~ふたりだけのロミオとジュリエット~」。
ロミオとジュリエットの1時間2人芝居を4編。
今日はそのうちのアストラカン編(たみお×赤星マサノリ×羽賀友妃子)とよろい編(ウォーリー木下×北村守×榎園実穂)を観に行ってきたのです。
アストラカン編は、恋に恋する少年少女の甘々な恋物語。
ホッシー&羽賀さんってことでとても期待してたんですが、終始甘々なままで、単調といえば単調な舞台でした。
せっかくこの2人なのに、なんだか不完全燃焼。

で、よろい編。
同じ台本でも演出がちがうとこうも変わるのか!と衝撃を受けました。
悲劇なのに喜劇。
でも、たぶん台本に忠実なかんじ。
ロミオとジュリエットの悲劇的なラストから始まり、2人の出会いのシーンで終わるという話の構造がとてもよくわかる舞台でした。

テンポよく笑いを交えながら進む前半のおかげで、後半の別れや出会いのシーンがぐっと胸に迫ってきました。

北村さんらしく、挙動不審なロミオ。
その不器用で一途な姿に惹き込まれました。
それからあの二の腕にも!
二の腕フェチのわたしには垂涎ものです。

それから、全身で感情を表現するジュリエット。
去年の「夏の夜の夢」で主役を演じていた役者さんでした。
わたしは女優さんにあまり興味がないのですが、今日はちゃんとお名前を覚えました!

あさっては純情編と仮面編を観に行きます。
これもとってもたのしみ。
関連記事

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 2

コメント

先日はコメントありがとうございました。
私もアストラカン行ってきました。時間短くなかったですか?個人的には90分くらいがいいのかなぁと思いました。
ホール扉、横の貼り出してある写真がいい感じでした。

URL | mari #79D/WHSg
2006/07/15 01:40 | edit

いえいえ、こちらこそ。
時間は、アストラカン編に関しては逆に長く感じました。
で、よろい編はちょうどいいかんじ。
観る人によってこんなにちがうもんなんですね、おもしろい。
今日は純情編と仮面編を観に行ってきます。
こないだは貼り出してある写真を素通りしてきてしまったので、今日はじっくりみてきます。

URL | naong #79D/WHSg
2006/07/16 10:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/455-648dea1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)