赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

ぶたぶたさん  

直前に書いたことと少し矛盾するようですが、この夏は「ぶたぶたさん」にはまってました。
同じ本を何度も何度も読んでいました。

ぶたぶた日記ぶたぶたの食卓ぶたぶたのいる場所

矢崎存美さんが書いているシリーズで、いま文庫で出ているものでは上の画像にある『ぶたぶた日記』『ぶたぶたの食卓』『ぶたぶたのいる場所』、それからAmazonには画像がなかったのでリンクしてませんが『ぶたぶた』『ぶたぶたの休日』『刑事ぶたぶた』『夏の日のぶたぶた』があります(矢崎さんのブログにはこれらの画像もあります)。

バレーボールくらいの大きさで桜色をした「山崎ぶたぶた」というぶたのぬいぐるみが主人公の連作シリーズなのです。
見た目はとてもかわいいけど、渋い声をしたおじさんで、人間の妻子もいます。
飲んべえで、食べるのも大好き。
ベビーシッターだったり、タクシーの運転手だったり、またあるときはシェフだったり、刑事だったり、ホテルマンだったり。
ぶたぶたさんと出会う人々はそれぞれいろんな状況下にあって、ぶたぶたさんと出会うことで変化していく心の動きがとても丁寧にやさしく描かれています。
矢崎さんの視線があたたかくて、読んでいてほっこりとします。

それから、この本を読むと猛烈におなかが空きます。
ぶたぶたさんがとてもうまそうに飲み食いするので、まわりに食べるものがない空腹時には要注意です。

これはぶたぶたさんじゃないですが、この夏に出た新作です。

479733715X

子どもの頃から不思議なことを体験してきた香絵という女の子が主人公。
探偵事務所で雑用バイトをしていて、不思議な出来事の調査を手伝っています。
こちらもふんわりとやわらかな、あたたかい視線で語られています。
ゆるやかに変化していく心の動きに寄り添いながら読みすすんでいくかんじ。
これもシリーズ化してほしいなぁ。

この冬には現在入手困難な『クリスマスのぶたぶた』が文庫で出るそうなので、いまからそれがたのしみ。
関連記事

category: こんな本を読んでいる

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/481-5dcf86a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)