赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

王立劇場「The Worst of...」  

いま、大阪の中之島で「中之島演劇祭2006」という祭りが開催中です。
テント劇場を2つ建てて、半月にわたって計8組の劇団の芝居が上演される、というもの。
初日に、後藤ひろひとさん率いるユニット王立劇場の「The Worst of...」を観に行ってきました。

これがもう、サイコーにくだらなく、最高の駄作ぞろいでした。
脈絡なく続くコントオムニバス。
それを後藤さんが低いテンションの司会でつなげるという構成。
好きやわー、こういうの。
あえて「The Worst of...」と冠してるひねくれさ加減がいいです。

座席は桟敷席と椅子席があってわたしは椅子席でしたが、椅子といっても背もたれはなく、横一列の細長ーい直方体に座布団が点々と乗っているものでした。
だから、腰が痛かった。。。
暗転の間に腰と背中のストレッチをしてました。
ま、これはテント劇場だからしかたないですね。
関連記事

category: こんな舞台を観た(い)

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/484-a1b01680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)