赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

化石オートバイ「世界中のおばけたちは連帯する」  

化石オートバイ久々の本公演「世界中のおばけたちは連帯する」を観に行ってきました。
待った甲斐があったー!

きっかけがうまく合ってなかったっぽかったり、ひょっとしてシーン飛んだ?と思ったところもあったんだけれど、そんなことは些末なことだと思えるくらい、作品の世界にどっぷりとはまりこみました。
話も演出も役者さんも選曲も、何もかも、素敵だった。

いや、終わりよければすべてよしと思ったわけではないのです。
壮大な時間軸と妙に日常的なみみっこさ、なんだか理系なにおいのする論理の展開とべたな下ネタ、全編にゆったりとしみ込んでいる昭和なかんじ。
うーん、ことばでは物足りない、とにかく、満足して帰路についたのです。
仕事がなければ明日もあさっても観に行くのに。

劇中何度か出てきたあの曲が頭から離れません。
さっそくAmazonで検索、ベストアルバムをカートに放り込みました。
きっと買ってしまうことでしょう。

それから、ある小説のことも思い出しました。
好きで何度か読んでる話。
なんとなーくかぶる部分があるように思えて。
もう一度読みたくなりました。

これらについては、公演終了後に追記するかもです。
関連記事

category: こんな舞台を観た(い)

thread: 演劇 - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/566-28da9ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)