赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2008年初ハワイ~旅先で読んだ本~  

いやぁ、なかなか読書がはかどった旅でした。
以下、だいたい読んだ順にずらずらとご紹介です。

購入本と読んだ本と、なんでこんなに立て続けに書いてるかというと、これを書かないと本棚に片付けることができないのよねぇ。)
スキップ (新潮文庫)
北村 薫
4101373213

うとうとして目が覚めたら、17歳から42歳に「スキップ」してしまった真理子。
一度読んだことがあったけれど、覚えてたのはこの前提くらいで、話はかなり忘れてしまってた。
改めて読んでみて感じたのは、この人の凛とした姿勢が好きだなーということ。
とても丁寧な話。

サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
奥田 英朗
4043860013

サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)
奥田 英朗
4043860021

元過激派の父を持つ小6の二郎が主人公。
上巻は東京編、下巻は西表編で、父が巻き起こす大騒動を子どもの目線から描いている作品。
で、これが、とても痛快。
国は必要ない、個人として生きるのだという固い信念を持つ、父の一郎。
ここまでの信念を持って生きるのってとてつもないエネルギーを必要とするだろうし、自分にはできないと思うから、ただ「痛快だー!」と思うんだろうな。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫 599)
海堂 尊
4796661611

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫 (600))
海堂 尊
4796661638

これは途中まで読んで投げたと思ってたけど、前に一度ちゃんと最後まで読んでたわ。
ということに、最後まで読んで気づいた。
ミステリというよりかは、文庫本の裏表紙のあらすじのところにも書いてあるけど、まさしく「メディカル・エンターテインメント」ってかんじ。
愚痴外来の田口医師と、厚生労働省のとんでもない役人白鳥のコンビっぷりが楽しかった。
攻め方がちがうだけで、どちらもとても論理的な人物。
その思考を追って行くのが楽しい。

探偵ガリレオ (文春文庫)
東野 圭吾
4167110075

予知夢 (文春文庫)
東野 圭吾
4167110083

オットが最近はまってるのが、東野圭吾。
これは連作だから、気軽にさくさく読めてよかったな。
一見不思議でオカルト的な事象を科学的に証明し解き明かす、というのが好きみたい。

空の中 (角川文庫 あ 48-1)
有川 浩
4043898010

一度読んでるけど、何度読んでも、いい。
何がいいかっていうと、物語力もさることながら、キャラ力が強いところ。
二度の航空機事故の原因究明のため、高度二万メートルの空域へ飛ぶ自衛隊のパイロットと航空機設計の技術者。
一方、高知で不思議な生き物を拾う高校生たち。
この2つの話がだんだん絡み合っていく、その過程を物語る力と、物語に登場する濃いキャラたちを語る力に惹きつけられる。

少し変わった子あります
森 博嗣
416326440X

とても不思議な質感の話。
毎回場所を変える料理屋。
そこでは、毎回一人の女性が相伴してくれる。
何が起こるでもなく、ただいつも女性との会話を楽しむ。
内へ内へともぐっていくような、内省的な話で、いまは物語を求める気分のわたしにはあまりぴんとこなかった。
きっと、ちがう気分のときに読んだらぜんぜんちがう感想を抱くのだと思う。

Gossip Girl (Gossip Girl)
Cecily Von Ziegesar
0316910333

このシリーズはちびちびと4巻まで読んでいて、久々に5巻を読もうと思ったけれど、あまりに間が開きすぎて話をほとんど忘れてたのでもう一度。
これを最初に読んだのは220万語のとき(語数の意味が気になる方は、こちらをどうぞ)で、そのときもけっこう楽しく読んだ気がするけれど、現在490万語の目で読むと、さらに軽くさらさらと、群像劇として楽しめた。
ただただ、この子たちはこの先どうなるのー?っていう野次馬根性で楽しめる。

ふう。
終了。

今回は再読が多かったなー
関連記事

category: こんな本を読んでいる

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

コメント

お帰りなさい

『ハワイで読書』だなんて、最高の贅沢ですね
でも、水着を選ぶお店で「所在なくウロウロ」していた方の姿が想像できて、私は大爆笑させていただきましたv-8

URL | YAKO #-
2008/09/28 17:48 | edit

>YAKOさん

ただいまです〜
帰ってきたらすぐに日常に慣れてしまって、あの旅気分はどこへやらってところです。
気候がいいと、外での読書が気持ちよくてせいたくですねぇ。

「所在なくウロウロ」の人は、きっとご想像通りのウロウロっぷりでしたよ。
こっちは選ぶのに必死で、しばらく存在を忘れてました〜

URL | naong #-
2008/09/30 11:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/631-0b74a847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。