赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

鹿男  

昨日「熱く語るほど本は読んでいない」という内容のことを書いた、その舌の根もまだ乾いてないんだけれど。
昨晩~今朝にかけて読んだ「鹿男あをによし」が、滅法おもしろかったのですよ。

434401314X鹿男あをによし
万城目 学
幻冬舎 2007-04

by G-Tools

すでにドラマになってますが、わたしは未見だったので、たのしく読みました。
まあ、おおざっぱな内容は中2男子から聞いていたのですがね。

彼は、鹿と狐と鼠が出てきてー、でも人間が代わりに動くねんかぁ、でー大鯰を抑えなあかんかってー、と、なんだかよく分からないものの心惹かれる内容を語り出しました。
これは読みたい!と思って、ラストはあんまり詳しく語らんでええから、と途中で話をやめさせたのが数カ月前。
それをやっと昨晩から読み始めて、一気に今朝読み終わったというわけです。
つまりは、それぐらいはまりこんだということ。

舞台は奈良。
簡単に言ってしまえば、期間限定で女子校の理科教師になった主人公の青年が、ある日鹿に話しかけられて、人間世界の運命を担わされるお話。
現代版「坊っちゃん」でもあるなー

なんといっても、古代と現代の結び方がうまいです。
神話的、歴史的な事柄は、その学校で歴史を教える「藤原先生」がそれらにうとい主人公に解説してくれます。
その藤原先生が、わたしのイメージでは「えなりかずき」でした。
古墳巡りでは、電車で奈良中をうろうろ。
わたしが分かる駅名は、「大和西大寺」と「橿原神宮前」だけでした。
奈良出身のオットが読めば、きっともっと身近にかんじて、もっと臨場感があるんだろうなー
なんせ、野球部のランニングの折り返し地点が「石舞台」だったそうですから。

古都を舞台に神代と現代が交錯するといえば、森見登美彦さんを思い出しますが、森見さんよりあっさりとしてて読みやすいです。
森見さんの饒舌なかんじも好きですけどね。

次は、「鴨川ホルモー」を読んでみます。
関連記事

category: こんな本を読んでいる

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

コメント

一気に???

こんばんは。
本を1冊、一気に読んじゃったんですか?
もしかして、夜中に?
お肌に悪いですぞぉ〜〜〜v-391

ってそのぐらい引き込まれたんですね。
私もそのドラマは見ていない。
本。。。久しく読んでいません。昔は小説をよく読みました。
タイトルとか作者とか全く覚えていないけど、いろんな人に借りて・・・って自分では買わずに(笑)

心落ち着けて、読書にはまるのもいいなぁ〜って思いました。
中2の男の子相手に、
「あ、ラストは言わんでいいから。」
って言ってるnaongさん、想像して、ごめん、笑ってしまったv-411v-356

URL | cha*ca #-
2008/12/13 01:45 | edit

はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。

URL | スキャルパー #-
2008/12/13 13:36 | edit

>cha*caさん

寝ずに一気に読むこともありますが、今回は途中で3時か4時くらいにダウンして、起きてからまたずーっと読んでました。
どっちにしても、お肌にはよくないですよねぇ。

わたしはよく図書館で借りてますよ。
この本も、そう。
お気に入りの作家さんの本とか、一目惚れした本とか、文庫本なら自分で買いますが、ちょっと読んでみたいなーぐらいの本は図書館で借りてしまいます。

読みたい本をネタバレされたら、たぶん相当むすっとするだろうから、この男子もその辺を察してくれたのかも。
って、わたし、なんか大人げないですよねぇ。

URL | naong #-
2008/12/14 01:19 | edit

わかりますよ〜^^

おはようございます。

ネタばれって嫌ですよね。
本でも、ドラマでも、映画でも、何でも。
あ、手品は知りたいですよね?(笑)

やっぱり図書館利用ですよね。
私も図書館好きなんですが、近くの図書館は市役所の地域版って感じで小さいんですよ。
出来たら、ヘンプ編みの本なんかもあるとうれしいのに。。。

URL | cha*ca #-
2008/12/15 11:01 | edit

こんにちわぁ〜

本を読めるのってすごく憧れます!
あたし、3行くらいでまた2行目を読んでたりしちゃうタイプです・・・
鹿男、ドラマ見てました!!!
かっきから藤原先生役って誰だったっけ?
と足りない頭のリハビリ中です・・・
あぁ・・・気になる(^_^;)
会社から図書館がとても近いのでたまに
手芸本とか借りたいナァと思ってても
行ったことがナイんですぅ。
たまに行ってみようかなぁ〜。

URL | 真希ん子 #-
2008/12/17 12:59 | edit

>cha*caさん

うんうん、手品はネタを知りたいですね、たしかに。
まずはネタを知らない状態で見て、すごーい!と感心してから知りたいなぁ。

お近くの図書館が小さくても、市内の他の図書館から本を取り寄せたりできると思いますよ。
うちの近所の図書館も小さいので、いつもネットで本を検索&予約して、その本が最寄りの図書館に届いたらそれを借りに行ってます。
ヘンプ編みを始めた頃は、「ヘンプ」と名のつく本を片っ端から借りてたなぁ〜

URL | naong #-
2008/12/17 22:15 | edit

>真希ん子さん

わたしも気になったので調べてみたら、ドラマでは綾瀬はるかが「藤原先生」だったみたいですね!
原作では、25歳の男なんですよ。
奥さん手作りのかりんとうばっかり食ってる。
かなり意外なキャスティングでした。

で、いまさらですけど、鹿男は玉木君だったのですね。。。
うーん、見とけばよかった。

会社のお近くに図書館があるなら、一度行ってみてはいかがでしょう。
手芸本もけっこうあると思いますよ。
気になるけど、買おうかどうしようか迷うものは、まずは借りてみるのも一つの手ですしね。

URL | naong #-
2008/12/17 23:51 | edit

あぁ〜↑

綾瀬サンだったんだ!!
原作は男性だっただなんてぇ〜v-12
玉木クンとイイ感じなシーンとかあったような
気がするんだけれど、気のせいかなぁ?
手芸の本って1つだけ作りたいけれど・・・
そのためにこの値段かぁ・・・
ってこと多いですよね!
借りてきてコピーすればいいですね!!
行ってみよぉ〜〜〜〜v-7

URL | 真希ん子 #-
2008/12/18 11:41 | edit

ほほ〜〜〜〜

図書館ってお取り寄せが出来るんですね。
近々行って見て、仕組みを研究します。
ってそこから???(笑)

ヘンプ編みの本、欲しいけど、真希ん子ちゃんの言うとおり、一つか二つだけ作り方を知りたい!ってとき、そのために本を買うなんて出来ないよね〜、勿体ない。
その分、材料代にあてたいもんね。(笑)

URL | cha*ca #-
2008/12/18 23:19 | edit

>真希ん子さん

主人公と藤原先生がいい雰囲気のシーンって、原作ではもちろんなかったですよ〜
生徒たちには「かりんとう兄弟」って呼ばれてましたけど。

とりあえず気になる本は借りてみて、一度見て済むならそれでいいし、これは手元に置いときたいと思えるものは改めて買うと、失敗がなくていいですよ。
行ってみよー

URL | naong #-
2008/12/19 12:35 | edit

>cha*caさん

おそらく図書館のホームページがあるだろうから、そこで利用案内を見ると手続きの方法なんかがのってると思いますよ。

材料代、いくらでもかかっちゃいますよねぇ。
一つのお店で買い物をすると、その勢いで他のお店でもあれこれ買ってしまうし。
こうやって、作る量の何倍もの材料がたまっていきます。

URL | naong #-
2008/12/19 12:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/665-a8869f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)