赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

蜉蝣峠の闇太郎  

昨日観てきた「蜉蝣峠」について書く前に。

ここんところ、すっかり月1ペースでの観劇です。
ちょっと前までは週1で行ってたのに、、、はぁ、、、

1月は三谷作品「グッドナイト スリイプタイト」と新感線「リチャード三世」。
あら、2本観に行ってるわ。
「グッドナイト…」の方は、戸田恵子&中井貴一という、安定感のあるお二人の二人芝居。
安心して笑えました。
寝室を通して、ある夫婦の30年(だったかな)を見るっていう話で、そうよなぁ、、、とうなづくことしきり。
「リチャード三世」はこちらで書いてる通り。

2月は何も観なかった。。。

3月はGiantGrammyの「あれれ?詐欺かも」。
ともさかさんの書く、勘違いがさらなる勘違いを呼ぶどたばた劇が大好き。
そのどたばたを、うまい役者さんたちが目の前で繰り広げてくれる。
もっと広いところでも十分見応えがあると思うんだけれど。

で、4月は、本題の新感線「蜉蝣峠」。
21日に観に行ってきました。
まだ大阪公演中なので、箇条書きでぼかしつつ。
・げらげら笑ってくだらないのかと思えば(くだらないの大好き)、ラストの怒濤の展開にじーんときてしまった。
・じゅんさんの鍛え上げた太ももに釘付け。
・堤さんの着流し姿にも、意外な一面にも、虜に。「やるやんけ」の台詞にまいってしまった。
・ほとんどテレビを見ないのでいままで知らなかったけれど、勝地涼がとてもよかった! とくにラスト近くのあのシーンとか、ラストのあの格好とか。遅刻した罰ゲームで、カーテンコール後に一生懸命下手な歌を歌ってたのも好印象。
・白い着物に飛び散る血飛沫が鮮やかで美しかった。。。あのイメージをヘンプで表せないものかしら。
・最後の最後で、リピーターの客が先走って拍手したのがちょっと興ざめだったけど。

やっぱ舞台はいいよなぁってことで、今後の予定などは追記で。
チケットが確保できてるものは、5月のシティボーイズ「そこで最後のキッス」、6月の ラーメンズ 「TOWER」と伊藤えん魔プロデュース「悪い人たち。」。
観劇じゃないけど、7月はORIGINAL LOVEのライブも確保済み。

確保予定は、7月のピースピット「悪辣 The Dirty Play」(いまHP見たら、なんかめっちゃかっこいいねんけど! これが悪辣の撮影って末満さんがブログに書いてはったやつ?)、10月・11月の新感線「蛮幽鬼」とねずみの三銃士「印獣」、11月のピースピット「Trump」。
うわー、10月・11月はかぶるなぁ。
しっかりスケジュールたてないと。

観たいのに日が合わず行けないものは、、、むなしくなるのでやめておこう。
関連記事

category: こんな舞台を観た(い)

thread: 観劇 - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/687-bd4fcde0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)