赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

沢木耕太郎『イルカと墜落』  

ずっと夜寝る前にちびちびと読んでいて、先日横浜に行ったときに新幹線でやっと読み終えた本。

4167209152イルカと墜落 (文春文庫)
文藝春秋 2009-11-10

by G-Tools

沢木さんがNHKの番組取材でアマゾンに行ったとき、乗ったセスナが墜落しました。
それは「『死者はもとより重傷者すら出なかったことは奇跡』といわれた程の惨事」だったそうです。
なのに、とても淡々としている。
読んでいて、ああ、もうすぐ墜落するんだなぁって分かるんだけれど、煽られることなく、単にそれまでの話の続きであるかのようにさらっと書かれています。
だからって適当なわけではない。
沢木さんの本に惹き付けられるのは、きっとこういうところなんだろうなぁ。

もちろんこれは、ただ「墜落しましたよ」って話ではなく、そもそもなぜアマゾンに行くことになったのか、から始まります。
「イゾラド」と呼ばれる、まだ文明とは接触していない先住民族のこと、そのイゾラドが彼らの地で彼らだけで安心して暮らせることを使命として活動している人物のことをNHKのディレクターから聞きます。
そして、その取材のためにアマゾンへ行くことになりました。
まずは、その人物に会いに。
イゾラドの保護区に入るにはブラジル法務省の許可が必要で、このときはまだ許可が取れていなかったので、一度目の取材はここまで。
二度目はなんとか許可も取れ、イゾラドとのコンタクトに向けたあるオペレーションに参加することになります。
そこで、墜落事故に巻き込まれるわけです。

ちなみにその番組とは、「沢木耕太郎 アマゾン思索紀行 隔絶された人々 イゾラド」。
2003年6月の放送です。
これは見たかったなぁ。
でも、アーカイブスに保存されているみたいなので、いつか見られる機会があるかもしれません。



この墜落の後、まだ背中や腰に痛みが残っているのに、なんか消化不良だったからと言ってバスでの一人旅に出てしまいます。
ヴェトナムをバスで北上する旅。

4062752719一号線を北上せよ<ヴェトナム街道編> (講談社文庫)
講談社 2006-05-16

by G-Tools

これ、いつ読んだんだろう。
たぶん去年の夏ぐらいだと思うんだけれど。
なので印象はもうはっきりと覚えてないけれど、熱に浮かされたような旅ではなく、でも旅せずにはいられないかんじ。
んー、なんて言えばいいんだろう。

と思って、久々に本をぱらぱらとめくってみました。
そしたら、端っこがちょっと折ってあるページがありました。

 旅をしていると大事なことがわかってくる。寒いときには温かいお茶が一杯飲めればいい。おなかがすいているときはおむすびのひとつ、フォーの一杯が食べられればいい。生きることに必要なものはほんのわずかなのだということがわかってくる。
 旅から帰ると誰もがすぐにそのことを忘れてしまう。だが、それはそれでいいのだ。旅先で覚えたその痛切な思いは、決して消え去ることはない。私たちの体のどこかに眠っていて、必要なときに呼び覚まされることになるはずなのだ。

そう、これこれ!

□□

先月、なぜかずっと気になっていた林芙美子の『浮雲』を買いました。

4101061033浮雲 (新潮文庫)
新潮社 1953-04

by G-Tools

まだ読んでないけれど。
なんでこんなに気になるのか、ちょっと気になってました。
いま、『一号線を北上せよ』をぱらぱらと見て、やっと分かった。
この本に出てきてたんだ。
関連記事

category: こんな本を読んでいる

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

コメント

おはようございます(^o^)/
コメントご無沙汰してスミマセン。いつも読み逃げでした(汗)
旅の好きなnaongさんだから、この本はピッタリですね。
いつもnaongさんの文章を読ませていただくと引き込まれます。そしてその本を読みたくなります。上手に紹介なさってますよね★
なるほど、どうしても気になってた本の事もスッキリ解決ですね★本もどこかで繋がってますよね★
また素敵な本の紹介楽しみにしてますねo(^-^)o

URL | のんとも #-
2010/02/28 08:47 | edit

>のんともさん

こんばんは〜
わたしもよく読み逃げしちゃってます。
ごめんなさい〜
お互い様ってことで、どうぞ、お気になさらずに。

旅本はやっぱり気になっちゃうんですよねぇ。
自分も旅してる気分になれます。
上手に紹介できていますか?
そう言っていただけるとうれしいです。

だいぶ積ん読本がたまってきたからちゃんと読まないとーと思いつつ、お、この本おもしろそうなんて見つけてしまって、買ったり借りたりしてます。

URL | naong #-
2010/03/01 23:02 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/790-85c39d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)