赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ドイツ温泉事情  

9/2に、フランクフルトからバーゼルへ行く途中にバーデンバーデンに寄って、カラカラ浴場(Caracalla Therme)へ。
そして、9/3にもまたバーデンバーデンに行って、今度はフリードリッヒ浴場(Friedrichsbad)へと行ってきました。



まずはカラカラ浴場の話から。

2時間14ユーロ。
3時間17ユーロ。
4時間20ユーロ。
あと、マッサージもいろいろあるみたい。
いまパンフレットをよく見てみると、ロミロミまでありました。

わたしたちは2時間コースにしました。
まずはロッカールームへ入るのですが、ロッカーは男女兼用。
じゃあどこで水着に着替えるかというと、ロッカーの手前に更衣室みたいなのがずらーっと並んでいて、そこでごそごそと着替えます。
で、入ったのとは反対のドアから出ると、ロッカーがずらーっと並んでる。
そこに荷物を入れて、まずは1階のプールゾーンへ行きました。

日本でいうところの温水プールみたいなかんじで、まわりにはチェアも置いてあります。
ここでゆっくり本を読みつつ過ごすのもいいなー
一昔前のラブホの駐車場みたいな出口を抜けると、そこは露天、というか、まさしくプールがまた外にあります。
いや、普通にドアからも外に出れますけどね。

プールで一通り遊んだ後は、2階へと上がってみました。
こちらはサウナゾーンで、入り口で水着を脱いで入ります。
男女は分かれてないですよ。
で、サウナが何種類かあって、そこに入っては外に出て一休みして、また他のサウナに入っては出て、の繰り返し。
移動中はあらかじめ持って来ていたタオルで体を巻いてましたが、サウナではそのタオルを下に敷いて素っ裸でした。
開放感があって、ラクちん~

一通りゆっくりした後、後ろ髪を引かれながらバーゼルへと向かいました。
このときの珍道中ぶりは、こちら



次に、フリードリッヒ浴場の話を。

こちらもまた、ホテルを出る前に一騒動あったのですが、それはまた別のお話ということで。
なんやかんやありつつ、4時前にはバーデンバーデンに着きました。
朝にパンとバナナを食べたっきりなんにも食べてなかったので、まずは腹ごしらえ。
浴場前のお店で、ビールを飲んで生ハムメロンを食べました。
いや、このお店、イタリア系の兄ちゃんがやってる店だったのですよ。

それから、いよいよフリードリッヒ浴場へ。

マッサージありは、3時間半で31ユーロ。
マッサージなしは、3時間で21ユーロ。
わたしたちはマッサージなしにしました。

中は左右対称の作りになっていて、1番から17番までサウナやお風呂を順番にまわっていくシステムになっています。
月木は男女別になっていて、それ以外は男女混合。
わたしたちが行ったときは男女混合でした。

カラカラ浴場と同じく、まず更衣室があって、今度はそこで服を全部脱ぎます。
それからロッカーに出て、ロッカーに荷物を収め、いよいよサウナ&温泉へ。

ロッカーには大きなシーツが入っていたので、それを持って出ました。
それは2番と3番のサウナで下に敷く用で、その後はやっぱり素っ裸でうろうろします。
何番では何分過ごす、みたいな目安がそれぞれ書いてあるのですが、それには大ざっぱにしたがって、気に入ったお風呂でだいたい過ごしてました。
やっぱり、あったかいお風呂の方が落ち着きますね。
ぬるいプールみたいなお風呂もあったけど、それはあんまり長く入っていられませんでした。
左右対称の右から入ったのに左に出てしまったので、わたしたちの荷物を入れたロッカーがない!ってなことになりましたが、向こうの人もそんなことには慣れてるんでしょうね、すぐにもう一方のわたしたちのロッカーがある側に連れて行ってくれました。

本を読みながらゆるゆると過ごすならカラカラ浴場の方がいいかなー
サウナ&お風呂を楽しむならフリードリッヒ浴場で。

こんなかんじで、温泉を楽しんできました。
旅の終わりにはヴィースバーデンに泊まるので、そちらでも温泉三昧してきます~
関連記事

category: 旅に出る

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/868-928b195e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。