赤いオレンヂ

ヘンプアクセサリー制作日記(更新頻度はのんびり)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

葡萄染め  

前回のお茶染めのあと、次は葡萄で染めよう!と言っていた通り、こないだの休みの日に染め染めしました。

葡萄の皮を鍋でくつくつと煮て、ざるでこして、糸を入れてちょっとお水を足して、またくつくつ。
そのあとしばらく冷まして、ちょっと洗って、ミョウバンの媒染液に入れてしばらく置いて。
またちょっと洗って、もう一度葡萄の染液に入れてくつくつ。
それからしばらく冷まして、水でしっかり洗って、外に干して。
そしたら、こんなふうに染まりました。



きれいな葡萄色~

じつは右の方は、左を一度染めた後の染液を使ったんですが、あんまり色の違いはでませんでした。
一度目よりも長めに放置していたからかな。

さて、今回の葡萄染めをするにあたってネットでいろいろ調べていたのですが、石鹸(アルカリ性)をつけたら青っぽくなったという記事を読んだので、わたしもトライしてみました。
上の工程まで終わったものを、重層の水溶液(アルカリ性)につけてみると。
みるみる色が変わって、こんなふうになりましたよ。

dyeing1107_2.jpg dyeing1107_3.jpg


青を通り越して、グレーになりました。
写真で見るとちょっと紫がかってるように見えますが、じっさいはもっと「灰色」ってかんじです。
いやぁ、たのしいなぁ。

葡萄の果皮にはアントシアニンという色素が含まれていて、これが酸性の条件下では赤色に、アルカリ性の条件下では青色になるとのこと。
なるほどなぁ。
次はクエン酸で試してみます。

次は何で染めようかな。
いま手元にあるのは、
こないだ拾ってきたハクモクレンの葉っぱと桜の葉っぱ。
ブルーベリーの皮。
キウイの皮。
タマネギの皮。
んー、たのしみだ。

そして、これで何を編もうかな。
関連記事

category: こんなものを作っている

thread: ハンドメイドの作品たち - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

コメント

naongさん、こんばんは!
きれいな葡萄色(≧▼≦)
でも染め作業ってとっても手が掛かるんですね~。
いつも素敵な色をお安く提供してくれるショップさんに感謝です(^-^)
でも…自分で染めた紐で編み編みなんてすごいです♪

URL | ma☆ #-
2011/07/09 22:11 | edit

>ma☆さん

こんにちは~
こんなにきれいに染まって、自分でもびっくりでした。
こうやって書き出すとたいへんそうですけど、わたしの場合はごく少量なので、案外そうでもないです。
でも、ショップさんはやっぱりすごいなーーーって、身をもって思いましたよ。
これで何を編むかはまだぜんぜん決まってないですけど、ちょっと特別感があってわくわくします。

URL | naong #-
2011/07/10 12:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/946-d12d6841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。