赤いオレンヂ

みたもの、きいたもの、つくったもの

9月に読んだ本  

最近にしてはよく読めた1ヶ月だったなぁ。
ほんとは、この8冊プラス「コナン」の1巻~60巻くらいまで。
最近、コナンを一気読み中。

今日も本屋でいろいろ買っちゃった。

9月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2667ページ
ナイス数:14ナイス

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
長谷部誠という人に興味をもって読んでみたら、一気読みしてしまった。自己啓発本ではなく、ランダムな自伝として。「心を整える」というタイトルがすばらしいな。
読了日:09月26日 著者:長谷部誠
放浪記 (新潮文庫)放浪記 (新潮文庫)
めっちゃおもしろかった! ていうと、語弊があるかしら。この貧乏っぷり。がつがつはしてないんだけれど、なんとしてでも生き抜こうとしていくたくましさ。でもよく泣くし。そのすべてに惹かれました。
読了日:09月10日 著者:林 芙美子
サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)サイゴンから来た妻と娘 (文春文庫 こ 8-1)
妻に、娘に、ベトナムの人々に向ける視線のあたたかさと確かさに、ただただ惹かれる。この人の著作をもっと読みたい。
読了日:09月07日 著者:近藤 紘一
日本はじっこ自滅旅 (講談社文庫)日本はじっこ自滅旅 (講談社文庫)
なんでか惹かれてしまって、一気に読み切った。ちょっと自分を突き放して見ているようなところが、よかったのかなぁ。
読了日:09月05日 著者:鴨志田 穣
εに誓って SWEARING ON SOLEMN ε (講談社文庫)εに誓って SWEARING ON SOLEMN ε (講談社文庫)
これはやられた! シリーズの続きがいますぐ読みたいのに、手元にはもうない。しかも、旅先。帰ったら即買わないと。
読了日:09月04日 著者:森 博嗣
τになるまで待って PLEASE STAY UNTIL τ (講談社文庫)τになるまで待って PLEASE STAY UNTIL τ (講談社文庫)
Gシリーズの今後が楽しみになってきた。
読了日:09月03日 著者:森 博嗣
θは遊んでくれたよ ANOTHER PLAYMATE θ (講談社文庫)θは遊んでくれたよ ANOTHER PLAYMATE θ (講談社文庫)
前作のφでも思ったことだけど、以前はまっていたS&Mシリーズなんかに比べると薄いなーという気もする。でもこれは前作から続く何か大きな流れもあるようで、やっぱり気になって読んでしまう。
読了日:09月03日 著者:森 博嗣
ぶたぶたさん (光文社文庫)ぶたぶたさん (光文社文庫)
最後の話は他のにもまして短かったけど、というか、短かったから、一番考えた。今回は、なかなかぶたぶたさんを受け入れられない人が多かったような気がするけど、いつもこうだったっけ?
読了日:09月02日 著者:矢崎 存美

2011年9月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
関連記事

category: こんな本を読んでいる

thread: 読書メモ - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 3

コメント

おはようございます。

長谷部誠さんの本は、気になりますね。
もともとサッカー好きなので、彼がレッズの時代から応援してたし。。。

コナン60冊一気読みはすごい!
マンガの一気読みはたまにしたくなりますね、
「三国志」とか「スラムダンク」とか…私も、時折。。。
あー、アニメのDVD一気見やアニメ一挙放送もけっこう見てるかも( ̄m ̄〃)

9月は
井坂幸太郎 「陽気なギャングが世界を回す」と、
佐藤雅彦超短編集 「クリック」 読みました。
家に前からあったけど、読んでいなかったので。
井坂幸太郎さんは、一度読んだら、やっぱり次も読みたくなりましたね。

URL | hinata #-
2011/10/01 07:43 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2011/10/01 18:58 | edit

>hinataさん

長谷部くんの本はレッズ時代のことにも触れられてましたよ。
って、わたしはサッカーマンガこそよく読んでたけど、じっさいのはあんまり見てないんですよね。。。
この本を読んで、こんなにも自分を律することができる人がいるんだーって驚きました。
でもがちがちにかたいのではなくて、楽しむところはちゃんと楽しんでる。
こないだ出た川島くんの本も気になってます。

hinataさんも一気読みしはるんですねー
これ、はまると終わるまで抜け出せないですよね。
うちには100巻越えのこち亀もゴルゴもあるので、よくこのワナにひっかかります。

スラムダンクはジャンプ&弟の単行本で読んでたので手元にはないんですが、よく読み返したくなります。
大人買いしようかなーと思いつつ、いざそろえるとなると、まあいっかーと思ってそのままになってますが。

伊坂さんの本は、じつは一度挫折したことがあって、それ以来読めてません。
文藝春秋から出てた「Story Seller」に載ってたのはけっこうおもしろかったんだけれどなぁ。
こないだ「Story Power」っていうのが出てるのを見つけてしまって買いました。

URL | naong #-
2011/10/04 00:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://naong.blog93.fc2.com/tb.php/981-f210937a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)